生活 豆知識

申年には赤い下着(肌着)!どんな下着をいつ着るのが正解?いわれも紹介!

更新日:

2016年は申年。

「申年には赤い下着を身に着けるといい」と聞くけれど、そもそもなぜなんでしょう?

今回は申年に赤い下着を着るといいといういわれや、どんな下着をいつ履くがいいのかを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

「申年に赤い下着」の意味

「申(さる)」には「去る」を意味することもあり、「病が去る」「災いが去る」など縁起の良い年とされてきました。

また、赤い色は昔から「おめでたい色」とされ、縁起の良い申年と結びつけ、「申年に贈られた肌着を身に着けると下の世話にならない」や「赤い肌着を贈る、または贈られた肌着は病が去る」などと日本各地に伝わっています。

 

地方によって言い伝えはさまざまで、それぞれの地域の言い伝えは以下のようになっています。

北海道地方「申と書かれた新しい肌着を身に着けると病が治る。赤色で、年下の女性から贈られるのがよい。」

東北地方「身内の女性から贈られた申と書かれた肌着を身に着けると、下の世話(寝たきり)にならない」

上信越地方「赤い肌着を贈る、または贈られた肌着を身に着けると、病が去る」

関東地方「子供から贈られた申と書かれたパンツを身に着けると病が去る」

中部地方「肌着を贈る、または贈られた肌着を身に着けると、病が去り、長患いしない、下の世話(寝たきり)にならない」

関西地方「子供から贈られた肌着を身に着けると寝たきりにならない、下の世話にならない」

中国地方「4枚パンツを贈ると死が去る、また肌着を贈ると病が去る」

四国地方「贈られたパンツを身に着けると病を遠ざける。また、こっそりしまっておくと幸福が訪れる」

九州地方「贈られた肌着を身に着けると病が去る。とくに申又がよい」

引用:GUNZE

 

 

どんな下着(肌着)をいつ着る?

赤い下着や肌着なら何でもOKです。

なかでもおすすめはパンツです。

下半身に赤い色の下着を身に着けることで、体を温める効果が期待できるのです。

 

また、赤い下着を履くタイミングですが、これも特にこの日というものはなくいつでもいいようです。

せっかくなら、ここぞという「勝負の日」に着るのがいいかもしれませんね。

 

12年前の申年の時には、赤い下着がとても売れたそうです。

 

12年に一度のラッキー年にあなたも赤い下着を身に着けてみてはいかがですか。

 

スポンサーリンク

-生活, 豆知識

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.