ちちんぷいぷい エンタメ

ちちんぷいぷい「そんなん初めて食べました」で紹介!2ミリがおいしい焼き豚!

更新日:

2月23日放送のちちんぷいぷい「そんなん初めて食べました」では焼き豚が紹介されました。

焼き豚といえば分厚くておいしいもの。

しかし今回紹介されたのは2ミリという薄さの焼き豚。

今回はその2ミリの厚さがポイントの焼き豚を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

銀閣寺 大西

銀閣寺にほど近い京都、白川通り沿いにある黒毛和牛専門店「銀閣寺 大西」。

社長自ら厳選し一等買いした黒毛和牛がずらりと並ぶ中で、一番のおすすめが長野県産の「村沢牛」。

きめ細やかな霜降りで、あっさり食べられるのが特徴なんです。

他にも柔らかい京都肉や豚肉の西京漬け、A5ランクのお肉を使ったコロッケも人気なんです。

このコロッケは、A4・A5ランクの和牛が20%の割合で入っているんです!

 

今回紹介するのは、厚さ2ミリがおいしい焼き豚「銀閣」。

厚さ2ミリの理由は、この厚さだからこそ味わえるしっとりした柔らかさと肉のうま味が感じられるんだそうです。

 

作り方の秘密

お肉は鹿児島産の佐多岬ポーク。

赤みが多くしっとりしたもも肉を使用しているそうです。

 

まずは肉のうま味を逃さないように煮込む前に表面を焼いていきます。

本来なら良く焼きたいのだが、2ミリにするとボロボロになってしまう。

表面がボロボロにならないように焼きすぎないのがコツなんだそうです。

 

中は柔らかい状態で引きあげたら、煮込むときに形が崩れてしまわないようタコ糸で巻きます。

煮込むときの調味料は、しょうゆと砂糖のみ。

お肉本来の味をいかすため、シンプルな味付けなんです。

炊きすぎてしまうと豚の味が飛んでしまうのと、ボロボロになってしまうため、1時間ほど煮込みます。

 

そもそも厚さ2ミリの焼き豚を作るきっかけはなんだったのでしょうか。

35年前ハムスライサーの普及で薄切りハムが人気に。

じゃあ焼き豚も薄くしてみたらおいしいんじゃないかと先代が考えたそうです。

ハムをヒントに厚さの研究を重ね、たどり着いたのが2ミリだったんです。

 

1時間煮込んだら火を止めて、さらに1時間余熱で中まで火を通すことで柔らかい焼き豚になるんだそうです。

これで完成ではなく、さらに1週間タレに漬け込みます。

薄くスライスするため、味が中まで染み込むよう1週間タレに漬け込むそうです。

焼き豚は冷蔵庫で1週間寝かせ、中までしっかり味を染み込ませます。

ハムスライサーで2ミリにカットしたら、2ミリがおいしい焼き豚の出来上がりです!

 

味は?

お肉の味がしっかりしていて、薄いけどパサパサした感じもなく滑らかな食感。

そのまま食べてもおいしい焼き豚ですが、焼き豚の煮汁のタレをかけていただいたり、ご飯の上にのせてどんぶりにしたり。

ラーメンに入れてもおいしいですよ。

さらに、サラダを巻いて食べるのは2ミリの厚さだからこそできる食べ方です。

 

お店情報

【銀閣寺 大西】
本店住所:京都市左京区浄土寺東田町53
電話:075-761-0024
営業時間:月~土 9:30~19:00
日 10:00~18:00
定休日:年中無休(年始を除く)

京風焼豚「銀閣」
01
100グラム 410円(税込)

インターネットで注文できます。

※賞味期限は、3~4日間です。

 

前回の「ちちんぷいぷい「そんなん初めて食べました」紹介!はまぐりのうどんすき!」もよければご覧になってください。

 

スポンサーリンク

-ちちんぷいぷい, エンタメ

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.