豆知識

2017年の春・秋お彼岸はいつ?墓参りをする理由!

更新日:

昔から「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言いますが、お彼岸って何か知っていますか?

なぜお彼岸にはお墓参りをするのでしょう。

今回は2017年の春のお彼岸と秋のお彼岸の時期と、お彼岸にお墓参りをする理由などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

2017年のお彼岸はいつ?

お彼岸には、春のお彼岸と秋のお彼岸があります。

春のお彼岸は春分の日(3月21日頃)、秋のお彼岸は秋分の日(9月23日頃)をそれぞれ中日とし、前後3日間を含めた7日間をお彼岸と呼ばれています。

2016年の春分の日・秋分の日はいつ?決定方法や由来なども紹介!

 

ちなみに春のお彼岸は「彼岸」「春彼岸」とも呼ばれ、秋のお彼岸は「のちの彼岸」「秋彼岸」とも呼ばれています。

 

2017年の春のお彼岸、秋のお彼岸の期間は以下の通りです。

春のお彼岸

3月17日 彼岸入り
3月20日 彼岸の中日(春分の日)
3月23日 彼岸明け

秋のお彼岸

9月20日 彼岸入り
9月23日 彼岸の中日(秋分の日)
9月26日 彼岸明け

 

 

お彼岸にお墓参りをするのはなぜ?

そもそも「彼岸」とは仏の世界、悟りの世界とされており、仏教では生死の海を渡って到達するとされています。

それに対して我々が住んでいる欲や煩悩にまみれた世界のことを「此岸(しがん)」といいます。

彼岸は西、此岸は東にあるとされていて、太陽が真西に沈むときに最も通じやすいと考えられていました。

太陽が真西に沈むのは春分と日と秋分の日。

ですので、お彼岸にお墓参りに行き先祖供養をするというのは太陽の動きに関係していたんです。

 

また、彼岸の中日である「春分の日」「秋分の日」は国民の祝日。

祝日法によるとそれぞれの日の趣旨は

春分の日「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」
秋分の日「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」

ともされています。

 

彼岸は日本だけ?

実はお彼岸という文化があるのは日本だけなんです。

日本以外の仏教国であるインドなどでもお彼岸はありません。

その理由は日本独特の文化にあるんです。

日本では、お正月など神道にまつわる行事を行う一方で、仏教であるお釈迦様の考えも受け入れてきました。

また、農業で春は種まきの時期、秋は収穫の時期ということも結びついて、ご先祖様に祈りや感謝する気持ちともつながり、お彼岸が大切な行事となっていったのです。

 

「暑さ寒さも彼岸まで」というのは?

春のお彼岸を過ぎると太陽の日照時間も長くなり、だんだんと暖かくなってきます。

秋のお彼岸はこの逆で、お彼岸を過ぎると太陽の日照時間が短くなってきて、厚さが和らいできます。

春分と秋分はどちらも二十四節気のひとつで、春・秋の折り返し地点です。

二十四節気とは?1つずつの意味も紹介!

 

昼と夜の長さがこの日ほぼ同じになり、春分以降は昼が長くなり、秋分以降は夜がながくなります。

しかし、昼と夜の長さがほぼ同じといっても、春分の日と秋分の日の気候が同じにはなりません。

夏の暑さの名残りから秋分の日のほうが10℃以上気温が高くなります。

ただ、厳しい暑さや寒さも目処がつくので「暑さ寒さも彼岸まで」というようになりました。

 

また、此岸の世界で悩みや煩悩に惑わされている人が、悟りの世界と通じるときでもあるため、「暑さや寒さそれに伴う様々な辛さも彼岸の頃には和らいで楽になるよ」という励ましの意味もあるそうですよ。

 

おはぎとぼたもちの違い!お彼岸におはぎを食べる理由は?

 

スポンサーリンク

-豆知識

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.