アメトーーク エンタメ

ナイツ土屋「アメトーーク競馬芸人」で披露した馬の絵が上手すぎる!

更新日:

11月26日に放送されたアメトーーク「競馬芸人」。

今回で5年ぶりの2回目の開催でした。

その中でナイツ土屋さんが披露した馬の絵が上手すぎたので、紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

競馬芸人メンバー

今回出演していた芸人さんは

麒麟 川島さん
ペナルティ ヒデさん
カンニング 竹山さん
千鳥 ノブさん
ナイツ 土屋さん
ジャングルポケット 斉藤さん

ゲストに重盛さとみさんを迎えて放送されました。

 

ナイツ土屋さんの絵

今回の放送で土屋さんが絵を披露したのは、「ゴールドシップ」という馬の絵でした。

「伝えたい個性派名馬」のコーナーで土屋さんが伝えたい名馬がゴールドシップだったんです。
20161108_27

絵は有馬記念のときの場面だそうです。

 

個性派名馬「ゴールドシップ」

そんな土屋さんが紹介した馬はゴールドシップ。

ゴールドシップはゲートになかなか入らず暴れる、「ガキ大将」。

競馬以外の場面でも暴れたり、吠えたりしてほかの馬を威嚇するそうです。

騎手は馬に対して上からの立場で接し調教したりするそうですが、ゴールドシップに乗っている横山騎手は「乗らせていただく」テンションで乗るらしいです。

そのくらい機嫌を損ねると走ってくれない馬だそう。

負けたレースは気分が乗らなかったなど、レースで負ける時の理由は心の問題だけ。

そのくらいすごい馬、なんせ今日のレースできっちり走ってくれるかはレースが始まってみないとわからないのだそう。

そんなゴールドシップは、すごく賢い馬で京都競馬場で行われた天皇賞ですごい走りを見せたようです。

京都競馬場ではコースを2週走るそうですが、この時のゴールドシップは1週目、やる気なくて走らない。

そんな様子をみて横山騎手は「やばい!」と思い、あえて遠回りになる観客席前を走らせることに。

観客は当然すごい歓声!

そんなお客さんの歓声を聞いたゴールドシップは「俺って人気あるやん!」と思ったのがガゼンやる気に。

エンジンがかかったゴールドシップは、2週目からガンガン走り始め、結果1着に。

ゴールドシップは、年内あと2戦で引退だそうです。

機嫌よく走ってくれるのか、注目ですね。

 

 

ちなみに土屋さん、第1回の競馬芸人では「ヴィクトワールピサ」を披露していました。

20161108_28

土屋さんは馬や騎手の絵は得意だそうですが、他は上手に描けないんだとか。

これだけ上手なのにね。。。

前回のアメトーークの記事「アメトーーク「だから嫌いなんだ」でのブラマヨ吉田の「てられな」が話題!」と次の記事「アメトーーク2015反省会でのTKO木下のインスタがカッコつけすぎ!」もよければ見てみてください。

 

スポンサーリンク

-アメトーーク, エンタメ

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.