レシピ 料理

ためしてガッテン流タコのやわらか煮レシピ&絶品タコ料理

更新日:

12月2日放送のためしてガッテンは「舌も踊る!タコの新世界」がテーマでした。

世界で一番タコを食べている日本。

今回はタコについて紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ギリシャでも食べられていた

ギリシャではタコを古代から食べていたそうで、日本に次ぐタコを食べている西洋のタコ王国。

ギリシャでは、タコは特別な存在なようです。

タコは、姿・形・色を自由に変えることができるため、「物事に柔軟に対応することができる」と賢者の象徴になっているそう。

「タコの知恵を持て」ということわざもあるほどなんです。

 

そんなギリシャでは、タコをどういう風に調理しているのでしょう。

なんと!タコを生の状態で岩にぶつけるんです!

タコを柔らかくするために、100回は岩にぶつけるのだとか!

びっくりですよね。

叩きつけた後は、20分煮込んで、さらにトマト・玉ねぎ・ワインと一緒にさらに20分煮込んで完成。

ギリシャでは、柔らかくして食べるのが一般的なんだそうです。

 

タコが固いのには理由があった

タコがゆでると固くなるのには、理由がありました。

通常では筋繊維(筋肉の筋)が一方向に走っているのにたいして、タコの筋繊維は、いろんな方向に複雑に筋繊維が走っているんです。

そんな複雑な筋繊維を壊すには、岩に叩きつけるくらい必要ってことなんですね。

 

日本でも柔らかいタコ料理が

日本のタコの名産地といえば、明石。

明石浦漁港では、有名レシピサイトに多数レシピを掲載するほどタコ料理に力を入れています。

 

そんな明石流タコ料理の作り方は、生だこを下ゆでしてから、鍋に水・酒・砂糖・しょうゆ、そしてタコを入れ、弱火で1時間煮込みます。

1時間煮込んだものは、柔らかく仕上がっています。

が、さらに鍋に入れたまま余熱で30分。

 

しかし、生のゆでダコが手に入ればいいのですが、一般的にはスーパーで購入しますよね?

スーパーで買ったゆでダコは、タンパク質が変性しているため柔らかくなりにくいんだそうです。

 

スーパーで買ったタコでもできるタコのやわらか煮は

  • 沸騰してから弱火で2時間
  • 圧力鍋で15分過熱
  • 強火10分+魔法瓶で3時間

この3つの方法があるのですが、番組では3つ目の魔法瓶を使ったやわらか煮の作り方を紹介していました。

 

タコのやわらか煮

材料

  • ゆでダコ 300g
  • しょうゆ 大さじ3
  • お酒 大さじ4
  • みりん 大さじ4
  • 砂糖 大さじ1
  • 水 400ml

作り方

  1. 鍋に水と調味料、タコを加え強火で10分煮込む。
  2. 密閉袋の中にタコと煮汁を入れ、空気を抜いてしっかり封をする。
  3. 魔法瓶にタコを入れた密閉袋と熱湯を入れ、ふたを閉めて3時間ほど待つ。

さらに色々なレシピを紹介します。

 

新食感タコ刺し

材料(2人分)

  • ゆでダコ 2本

【合わせダレ】

  • おろししょうが 大さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ1
  • 米酢 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 水 大さじ1

作り方

  1. タコの吸盤をそぐようにして切り落とす。
  2. 皮の部分もそぎ落とす。
  3. 吸盤部分は1.5㎝角に切る。
  4. 皮の部分は細く切る。
  5. 中央部分は好みの厚さで切って、合わせダレをつけていただく。

20161109_02

 

タコと白菜のピリ辛炒め

材料(2人分)

  • ゆでダコ 200g
  • 白菜 130g
  • ねぎの青い部分 40g
  • サラダ油 大さじ2

【合わせダレ】

  • しょうゆ 大さじ1と1/2
  • 砂糖 小さじ2
  • 米酢 小さじ2
  • 水 大さじ3と1/2
  • 片栗粉 小さじ2
  • 豆板醤 小さじ1

 

作り方

  1. タコは「新食感タコ刺し」と同じ切り方にし、皮は1㎝角・身は5㎜幅・吸盤は2㎝切っておく。
  2. 白菜1.5㎝の角切り、ネギは1㎝の輪切りに切っておく。
  3. 熱したフライパンに油を入れ白菜、ネギを強火で炒めて香りを出す。
  4. さらにタコの皮→身→吸盤の順に入れていく。
  5. 合わせダレを鍋肌から入れてとろみが出てきたら完成。

 

簡単タコチャーハン

材料(2人分)

  • ゆでダコ 100g
  • ねぎの青い部分 25g
  • ごはん 300g
  • 卵 2個
  • 塩 小さじ1/3
  • こしょう 少々
  • しょうゆ 小さじ2
  • サラダ油 大さじ2

作り方

  1. タコは「新食感タコ刺し」と同じ切り方にし、皮はみじん切り、吸盤と身は1㎝角の大きさに切る。
  2. ボールに卵、調味料、サラダ油、みじん切りにしたネギ、タコの皮を入れてごはんとよく混ぜる。
  3. フライパンに3を入れて、平らに広げ、火をつけ強火で加熱する。
  4. 香りが出てきて、パチパチと音がしてきたら、なべ底から混ぜる。
  5. 吸盤と身の部分を入れて混ぜ、ぱらぱらになるまで炒めたら完成。

色々なタコ料理が今回紹介したレシピで楽しめますね。

個人的にはコリコリの吸盤が大好きだし、ゴリゴリ食感のタコも大好きです。

柔らかいのが好きという人は、やわらか煮を試してみてくださいね。

こちら「ためしてガッテンで紹介かす床の作り方 保存方法やレシピも紹介」の記事もよければ読んでみてください。

スポンサーリンク

-レシピ, 料理

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.