生活 豆知識

雛人形は誰が買うの?2人目や双子の場合は2つ必要なの?

更新日:

3月3日は桃の節句ですね。

女の子にとってはお雛様を飾ってお祝いをする特別な日。

ところで雛人形って高い買い物・・・誰が購入するべきなんでしょう?

また、2人目(次女)や双子姉妹の場合は世間ではどうしているのか、気になることを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

雛人形とは

ひな祭りの起源は、平安時代の中頃に子供の無病息災を願うお祓いを3月の初めの巳(み)の日に行っていたことが始まりです。

昔は御人形(ひいな)遊びと、紙や藁で作った簡素な人型に自分の厄や災いを移して海や川へ流した「流し雛」の行事が結びついたのが現在のひな祭りです。

雛人形がわが子に降りかかる災いから身代わりになってくれるよう、また、仲睦まじく寄り添う1対の雛人形のように将来幸せが訪れるようにと祈願して飾るものです。

つまり、誕生を心から喜ぶ家族の愛情を「かたち」にしたものが「お雛様」というわけです。

 

雛人形は誰が贈る?

昔は嫁入り道具の一つとして雛人形が用意されていました。

なので、母親の実家から贈られることが一般的です。

しかし、現在では少子化の影響もあって可愛い孫や子供のためにと、両家で折半したり、両親から子どもへの初節句のお祝いとして購入する人も多いようです。

可能であれば、夫婦や両家の両親と相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

姉妹や双子の場合は?

お雛様は、子どもの成長や幸せを祈ったり、身代わりとなって厄や災いを受けてくれるものですから、基本的には「1人1飾り」とされています。

すでに厄を背負ったお雛様は共用できないという考えです。

ちなみに、お母さんのお雛様もすでに厄を背負ったお雛様なので、共用できないという考えになります。

 

最近では、住宅事情の影響もあってコンパクトなお雛様も増えています。

「せっかくなので1人に1つづつ」と思われる方は、2つ目以降も購入してあげるのが良いですね。

 

でも、そんな方ばかりではないですよね?

私がおすすめするのは、違う雛人形を購入してあげることです。

  • 吊るし雛
  • 羽子板
  • 名前旗
  • 雛壇のタペストリー

など、相場もお手頃なのでおすすめです。

吊るし雛の相場は3000~170000円、

羽子板の相場は15000~250000円と、雛人形と比べても比較的お手頃なお値段なんです。

人形屋さんや最近ではインターネットでも手に入るので、悩んでいる方はぜひ検討してみてくださいね。

 

桃の節句は、女の子の成長を祝う日なので、初節句の場合は盛大にお祝いしてあげたいですね。

 

雛人形 お内裏様とお雛様は左右どっちが正しい?飾る方角は?」の記事もよければ読んでみてください。

 

スポンサーリンク

-生活, 豆知識

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.