生活 行事

2016年中国の旧正月連休はいつ?香港・台湾・韓国についても

更新日:

中華圏では旧正月が最も重要とされる祝祭日で、盛大にお祝いする習慣があります。

この期間は中国や台湾だけでなく香港や韓国も連休になり、旅行に行ってもお店が開いていないなど、避けるべき日です。

そこで今回は2016年の旧正月はいつになるのか、中国・香港・台湾・韓国についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

2016年中国の旧正月連休はいつ?

2016年の中国の旧正月連休は2月7日~2月13日の1週間です。

中国ではこの期間を「春節(しゅんせつ)」といいます。

2月7日は「除夕(じょせき)」といい、日本での大晦日にあたり、翌日の2月8日が旧正月になります。

ちなみに2月6日(土)と2月14日(日)は振替で出勤となるようです。

日本なら休みになるところが、中国だと振替出勤なんてテンション下がりますね。

 

中国での正月といえば餃子が有名です。

大晦日の「除夕」から家族で集まって餃子を作ります。

ちなみに日本で餃子といえば焼餃子が一般的ですが、中国では水餃子のことを指します。

焼餃子は「鍋貼(ゴーティエ)」といいます。

年越しに餃子を食べるのは、餃子がとてもおいしく、その形が金子や銀子に似ていて縁起が良いからなんだそうです。

日本の年越しそばやおせちのようにどの国でも縁起を担ぐんですね。

春節の間はやってはいけないこともたくさんあります。

・お皿を割ってはいけない
・ハサミを使ってはいけない
・ゴミを捨ててはいけない

などがあるようです。

 

2016年香港の旧正月連休はいつ?

香港の旧正月連休は2月8日~10日の3日間です。

旧正月は2月8日で、香港の場合この日から3日間という決まりがあります。

日本と比べると短いですよね。

 

天壇(祭壇)のような高い場所で新年をお祝いします。

花車パレードも行われるなど、街では夜遅くまでお祝いが続きます。

お店もこの日は休みなく開いているようです。

 

2016年台湾の旧正月連休はいつ?

台湾の旧正月連休は2月6日~14日の9日間です。

台湾は中国と同じ日程なのですが、2月6日(土)・2月14日(日)が中国では振替出勤になるのに対して台湾では休みになるようです。

台湾では2015年から振替休日制が始まり、3連休や4連休ができやすくなったそうです。

ちなみに2016年の連休は

1月1日(金)~1月3日(日)
2月27日(土)~2月29日(月)
4月2日(土)~4月5日(火)
6月9日(木)~6月12日(日)
9月15日(木)~9月18日(日)
10月8日(土)~10月10日(月)

となっていて、旧正月連休を含めると7回もあるので旅行に行かれる方は注意してください。

 

台湾でのお正月は長い連休になるので、海外に出かける人が多いようです。

また、映画やカラオケ・ショッピングなどに行く人も多いようです。

 

2016年韓国の旧正月連休はいつ?

韓国の旧正月連休は2月7日~10日の4日間です。

韓国の旧正月連休は旧正月を挟んだ前後の日を合わせて3日間ですが、2016年は10日が振替休日になっています。

 

韓国では旧正月を「ソルラル」といい、1週間前から先祖を供養する儀式の準備のための準備物や贈り物を購入するために忙しいそうです。

ソルラルの朝は、日本のお雑煮のような、お持ちの入ったスープが韓国では代表的な食べ物で、食べ物とお酒を並べてお祈りをします。

そして、家族や親戚に挨拶をしたり、幸運や健康、成功などをお祈りします。

日本では新暦のお正月をお祝いする文化が根付いていますが、中華圏では旧正月盛大にをお祝いする国が多いので、ぜひ色々な国の文化も知っておきたいですね。

 

スポンサーリンク

-生活, 行事

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.