行事

孫へ入学祝い相場。幼稚園・小学校・中学・高校・大学の金額や甥・姪についても。

更新日:

3月を過ぎて暖かい日が近づいてくると、入学式のシーズンが近づいてきますね。

子どもの大切な門出を祝う入学式。

孫や甥っ子、姪っ子など親戚に入園・入学する子どもがいれば入学祝いをどうしようかと悩みますよね。

今回はそんな入学シーズンにつきものの「入学祝い」を渡す(贈る)時期や一般的な相場についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

入園・入学祝を贈る相手はどの範囲?

入学祝いを贈る範囲は、基本的には親族の範囲内です。

孫や甥っ子・姪っ子までの範囲内にとどめておきましょう。

その範囲外で贈ると逆に相手に気を遣わせてしまうことになるので、気を付けてください。

しかし、すでに自分の子供に入学祝いを頂いている場合は、贈り返すことがマナーになるので、お祝いをするようにしましょう。

 

入園・入学祝いを贈る時期はいつ?

せっかくお祝いを贈るのであればタイミングはバッチリ決めたいですよね。

入園・入学のお祝いを贈る適切なタイミングは、入学が始まる2~3週間前までです。

最近では、「入学の準備に」ということで3月の中旬~下旬の時期に贈られる方が多いです。

4月になってからの入園・入学式の前後になると、相手もバタバタと忙しくなるので、遅くても入園・入学式の1週間前までには贈るようにした方がいいでしょう。

贈る方からすると、入園・入学式の前後がいいかと思いがちですが、受け取る側は早めに貰うと入学準備が早目にできるので有難いのです。

 

しかし、入園・入学後に贈るのがマナー違反というわけではありません。

入園・入学が正式に決定後、初めて会ったときにという形でも問題ありません。

もし、入園・入学後にお祝いを贈る場合は、後々使いやすい商品券や図書券などがおすすめです。

 

入学祝いの金額相場は?

一般的な金額の相場は以下のようになっています。

贈る相手 子・兄弟 姪・甥
幼稚園  5000~10000円  3000~5000円  5000~10000円
小学校  10000~30000円  3000~5000円  10000~30000円
中学校  10000~30000円  5000~10000円  10000~30000円
高校  10000~50000円  5000~10000円  10000~50000円
大学  50000~100000円  10000~30000円  500000~100000円

 

ちなみに祖父母や親族が現金で贈る場合は、1万~数万円が相場になっていますが1万円程度が多いようです。

 

幼稚園への入園の場合は、お弁当箱や水筒など幼稚園生活で必要なものを贈ってあげると喜びますよ。

 

小学校への入学の場合は、ランドセルや学習机、学校で使う文房具などを贈る方が多いようです。

また、物によっては金額に差があるのでお祝い金額の幅も大きいようです。

 

中学校への入学の場合は、ほぼすべての学習道具もそろっておりランドセルや学習机も必要ないため、現金や図書カードで渡す場合が多いようです。

 

高校や大学入学となると一気に値段は跳ね上がります。

高校から自転車通学する場合の自転車や、電車・バスの場合は定期券も必要になります。

また、パソコンやスマホなども必需品になってくる年齢のため金額があがってくる理由でもあります。

 

大学の場合は一人暮らしをするようになると、生活用品や引越しなど何かと物入りになってきます。

自宅からの場合はその必要がないため、金額には大幅な開きがあるようです。

 

贈る相手との関係や親密度によっても変わってきます。

また、家庭の事情によるものが如実に表れるため、親御さんに確認してから渡すのが一番でしょう。

 

のしはどうする?

現金の場合も品物の場合も、のしをつけておくりましょう。

のしの表書きは

「御祝」
「入学御祝」
「御入学御祝」

と書きます。

水引の結び目については「紅白の蝶結び」を選んでください。

 

お返しは必要?

入学祝いは子ども本人に贈られるものなので、基本的にお返しは必要ありません。

入学祝いを受け取ってから3日以内に電話や手紙、メールでお礼を伝えるようにしましょう。

子どもから直接お礼を伝えるようにすると、相手も喜んでくれますよ。

 

しかし、以下のような場合にはお返しを贈ってもいいでしょう。

  • 自分が相手に入学祝を贈った時にお返しをもらっていた
  • あまりにも高額なお祝いをもらった

相手に子どもがいる場合、その子どもが入園・入学の時期を迎えたとき入学祝いを贈ることで、お返しとなります。

それ以外の相手にお返しをする場合は、入学祝いが届いた3週間~1ヶ月以内に、もらった品物の1/3ほどの金額にお礼の手紙を添えてお返ししましょう。

 

入園・入学祝いは、子どもの成長を祝う贈り物です。

気持ちよく新生活を迎えられるように素敵な入園・入学祝いを贈りたいですね。

 

スポンサーリンク

-行事

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.