生活 行事

針供養の日はいつ?東京・大阪などどこの神社で?自宅でのやり方も紹介!

更新日:

日本の昔からの行事に「針供養」という行事があるのを知っていますか?

その名の通り、針を供養する日です。

では、なぜ針を供養する日ができたのか、その由来やいつ行われているのか、また東京・大阪などどこの神社で行われているのか、自宅での供養方法も含めて紹介したいとおもいます。

 

スポンサーリンク

 

針供養の日はいつ?由来は?

針供養は、一般的に関東では2月8日、関西では12月8日に行われています。

その日は針を使う仕事を休み、古い針や折れた針を紙に包んで神社に奉納したり、川に流したりします。

また、豆腐やこんにゃく、餅などに刺して供養する場合もあります。

昔の女性は、針作業が重要な仕事とされていました。

なので、大切な針に感謝すると同時に、裁縫が上手になるようにとの願いが込められていました。

ちなみに、なぜ2月8日と12月8日かというと、「事始め」「事納め」といって1年の仕事を始める日、終わる日とされていて、2月か12月のどちら事始め、事納めにするかは地域によって違います。

もともと針供養は、中国から日本に伝わった時に「事始め」や「事納め」の行事や、女性を守る神様が祭られている和歌山市の淡島神社との行事が混ざり合ってできたとされています。

 

なぜ豆腐やこんにゃくに刺す?

それまで一生懸命働いてきた針を柔らかいものに刺すことで、楽をして休ませてあげたいという意味があるそうです。

豆腐やこんにゃくだけではなく、餅にさす地方もあるようです。

 

東京で針供養を行っている神社

浅草寺 淡島堂

針供養会(はりくようえ)
住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-3-1
日時:2月8日 午前11時
豆腐
※1人2~3本まで 裁縫用の古針のみ

 

正受院

住所:新宿区新宿2-15-20
日時:2月8日 12:15~
供養方法:土中に納める
※甘酒の振舞い有

 

和歌山で針供養を行っている神社

淡島神社

針祭
住所:和歌山県和歌山市加太116
日時:2月8日 午前11時
供養方法:針塚に納め塩をかけ土に返す

 

大阪で針供養を行っている神社

大阪天満宮

お針まつり
住所:大阪市北区天神橋2-1-8
日時:2月8日 10:00
供養方法:こんにゃくに刺す

 

京都で針供養を行っている神社

法輪寺

針供養法要
住所:京都府京都市西京区嵐山虚空蔵山町68-3
日時:2月8日:午後1時
12月8日:午後1時
供養方法:こんにゃくに刺す

 

自宅での針供養方法

【用意するもの】
・豆腐またはこんにゃく
・紙
・古針

【やり方】
1.豆腐やこんにゃくをお皿などに用意する。

2.感謝の気持ちを込めて、針を刺す。

3.刺し終ったら、紙に包み自治体のごみの出し方に従って処分してください。

 

昔は、それぞれの家庭で行われていた針供養。

今では、針を製造する会社や、洋裁学校に通っている人が主に行っているようです。

物を大切にする気持ちを大切にしたいですね。

 

スポンサーリンク

-生活, 行事

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.