生活 豆知識

チョコレートの食べ過ぎでニキビが増えるって噂はウソ?本当の原因は?

更新日:

バレンタインの季節になるとお店にはたくさんのおいしそうなチョコレートが並べられていて、自分へのご褒美にといつもは買わない高級チョコを買ったりしますよね。

女性はみんなチョコレートが大好き!

「でもチョコレートを食べすぎると、ニキビができちゃうし・・・」っていう噂を一度は聞いたことがありませんか?

これって本当なのでしょうか?

今回はそんな噂について本当なのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

チョコレートを食べるとニキビになるという噂はウソ?

せっかく食べるおいしいチョコレートもニキビができるというのを気にしながら食べると、おいしいものも心から楽しめませんよね。

本当のところどうなんでしょうか?

 

日本チョコレート・ココア協会やペンシルバニア大学などは、チョコレートを食べてもニキビの悪化は関係がないという発表をしています。

なので「チョコレートを食べるとニキビになる」という噂はウソなんです!

これで安心してチョコレートを食べることができますね!

しかも、アメリカ食品医薬品局は、「ニキビと食事を関連付ける科学的根拠はない」と明言しています。

なので、チョコレートだけでなく、ポテトチップスやファストフードなどを食べるとニキビの原因になりそう・・・と思いがちですが、これも心配ないということになりますね。

ただ、健康のためにはバランスの良い食事が大事なので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

なぜニキビの原因がチョコレートとなったの?

じゃあなぜ科学的根拠があるのに、なぜチョコレートを食べるとニキビができるという噂が広まったのでしょうか?

それはもしかしたらニキビができる原因に関係があるのかもしれません。

 

ニキビができるのは、毛穴に皮脂が詰まることによって発生します。

さらにそこに健康な皮膚にいるアクネ菌が増殖しニキビとなります。

なので、チョコレートに含まれる脂肪分や糖分が原因になると思われてしまったのかもしれませんね。

でも、やはりそれらを食べたというだけでは、ニキビができる原因とはなりません。

 

もう一つ重要なのがホルモンバランスです。

これは女性の場合のみなのですが、ホルモンバランスが乱れているとき(生理前などの時期)は、甘いものを食べたくなり、糖分を過剰摂取することがあります。

ストレスが溜まっているときも同じです。

ホルモンバランスが乱れているときやストレスが溜まっているときは、自律神経が乱れてしまい、肌荒れやニキビを起こしやすくなります。

ここでチョコレートなどの脂肪分や糖分が多く含まれているものを摂取することでさらにニキビができやすい環境が生れてしまい、誤解が生じる結果となったのかもしれません。

ストレスが溜まっているときは、交感神経と副交感神経の調節機能が上手くいかず、血流が悪くなる・冷え性・肌荒れなども起こりやすくなります。

 

結果としてニキビができる原因は、チョコレートではなくホルモンバランスの乱れとストレスなのです。

 

チョコレートは健康にいい

チョコレートの原料であるカカオポリフェノールは健康に良いとされています。

カカオポリフェノールは、動脈硬化やガンの予防や美容にもいいとされています。

最近では、糖質や脂肪分などを抑えカカオの量を多くした商品も販売されているので、上手に摂取すればチョコレートは美容・健康にいい食品なんです。

 

それでもチョコレートを食べ過ぎてしまった時には、ビタミンB2やB6が多く含まれている食材を摂るようにしましょう。

ビタミンB2やB6は皮脂の分泌をコントロールしてくれるので、それらが多く含まれた食品を摂ることで、ニキビの発生を抑えてくれる働きをします。

ビタミンB2やB6が多く含まれている食品には、牛レバー、鶏卵、豚肉、青魚、緑黄色野菜、乳製品などです。

 

おいしく食べて、美容・健康にもいいチョコレートの効果をしっかり得ましょう!

 

スポンサーリンク

-生活, 豆知識

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.