生活 豆知識

ひな祭りメニューの由来は?縁起の良い意味が込められたちらし寿司・はまぐり・ひし餅

更新日:

ひな祭りの献立といえば、ちらし寿司にはまぐりのお吸い物、ひし餅に雛あられ、白酒と定番のメニューがありますが、それぞれに込められた意味を知っていますか?

実はそれぞれの料理には縁起の良い意味が込められています。

それぞれの料理の意味を知ると、より一層ひな祭りが楽しめますよ。

 

スポンサーリンク

 

ひな祭りとは

ひな祭りは、別名「上巳(じょうし)の節句」といいます。

室町時代に中国から伝わった時には、旧暦の3月上旬巳(み)の日に行われており、男女関係なく川で身を清める神事でした。

その後平安時代に小さな女の子たちが遊んでいた「ひな遊び」と一緒になり、紙人形を川に流し、女の子の健康と幸せを願ったのが、ひな祭りの起源といわれています。

この風習は、鳥取や京都で「流しびな」の行事として現在でも残っています。

今のように人形を飾ってお祝いをするようになったのは江戸時代に入ってからです。

人形を飾って女の子の成長をお祝いする文化が浸透してくるにしたがって、雛人形も豪華になっていったそうです。

 

現在ではひな祭りの別名を「桃の節句」と呼びますが、これは上巳の日の頃に桃の花が咲き、桃のイメージが女の子のお祭りにふさわしいことからこの名前で親しまれるようになっています。

 

ひな祭りのお祝い料理の意味

ひな祭りは、女の子の成長をお祝いする儀式ですから、それぞれの料理にも縁起の良い意味が込められています。

 

はまぐりの吸い物

はまぐりは、縁起の良い食べ物の一つです。

はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければピッタリと合いません。

なので、一生一人の人と添い遂げるようにとの願いが込められています。

 

ひし餅

ひし餅といえば、緑・白・ピンクの3色のひし形をした餅を重ねたものです。

それぞれの色には意味があり、2説あります。

緑は健康や長寿、白は清浄、ピンクは魔よけ。

緑は大地、白は雪、ピンクは桃で「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味。

ひし形という形は心臓を表しており、健康を願い、災厄を除こうという気持ちが込められています。

 

ひなあられ

ひな祭りの代表的なお菓子。

ピンク、緑、黄、白で四季を表しており、一年中幸せに過ごせるようにという願いが込められています。

 

白酒

以前は桃の花びらを漬けた「桃花酒」が飲まれていたそうです。

江戸時代から「白酒」が親しまれるようになり、今では子供も飲めるノンアルコールの「甘酒」が一般的です。

 

ちらし寿司

ひな祭りの定番メニューで縁起の良い具がたくさん入っています。

えび・・・長生き
れんこん・・・見通しがきく
豆・・・健康でまめに働ける

 

その他にも桜餅やよもぎ餅など、春の訪れを感じさせてくれる食べ物を食卓に飾り、子供たちの成長をお祝いしてはいかがですか。

 

スポンサーリンク

-生活, 豆知識

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.