子育て 子育てコラム

新生児の赤ちゃん沐浴の頻度は?毎日必要?温度や時間帯についても!

更新日:

赤ちゃんをお風呂に入れること(沐浴)って本当に大変ですよね。

1人で入れるのは大変だから、毎日入れてあげないとダメ?1日おきでもいい?とか、温度は何度がいいの?入れる時間帯は?と悩み事がいっぱい!

今回はそんな赤ちゃんの沐浴について紹介したいとおもいます。

 

スポンサーリンク

 

沐浴とは

生まれたばかりの赤ちゃんは、抵抗力が弱いので生後1ヶ月頃まで(1ヶ月検診が終わりお医者さんのオッケーがでるまで)は、ベビーバスなどで、沐浴をさせてあげましょう。

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、汗をよくかきます。

また、沐浴をすることで血液循環をよくしたり、代謝を上げるなどの効果があるので、ぜひ毎日行いたいものです。

さらに、ママやパパとのスキンシップにもなりますよ。

 

沐浴に必要な物

  • ベビーバス
  • ガーゼ 2枚
  • バスタオル
  • ボディソープ

最低限必要な物です。

ベビーバスはシャワー付きの洗面台でも代用できます。

ただし、赤ちゃんの体を洗うので、綺麗に洗って清潔にしておきましょう。

ガーゼは、赤ちゃんの体を覆えるような大き目の物があればベストですが、普通のサイズでも大丈夫です。

ボディソープは、石鹸でもいいですが、慣れないうちは泡立てるのに手間取るため、泡で出てくるボディソープがオススメです。

その他、温度計は給湯システムがあれば必要ありません。

 

沐浴の手順

赤ちゃんが風邪を引かないように、冬場は部屋を暖め、 バスタオルは広げた状態、着替えやオムツも直ぐに着させてあげられるように準備してから沐浴を始めましょう。

1.ベビーバスなどにお湯をためる。
お湯の温度は38℃くらいと、大人よりも少しぬるめにします。

2.赤ちゃんの体にガーゼをかけて、お湯にゆっくり入れてあげましょう。
ガーゼを握らせてあげると安心しますよ。

3.片手で首を支え、もう片方の手でボディソープを使って、頭、体、股、お尻を優しく洗っていきます。
お湯の中でジャブジャブする程度で大丈夫です。
股やお尻太ももの付け根の部分は、汚れやすいのでしっかりと。

4.余裕があればうつ伏せにしてあげて背中も洗います。
うつ伏せにできない場合は、背中に手を回して撫でるようにして洗うだけでも大丈夫です。

5.シャワーで泡を流して終了。

ここまでの全てを5〜10分以内で素早く行うようにします。

1人で入れるのに慣れない場合や、最初のうちはお湯につけてあげて、お尻などをお湯でサッと流すだけでも十分です。

 

沐浴の頻度は?

理想は毎日行ってあげてください。

赤ちゃんは大人が思っているよりも汗をかいているので、汚れやすいお尻や股周りは特に清潔にしておきたいものです。

しかし、沐浴を行うのはなかなか慣れるまで大変ですよね。

そんな時は、ガーゼをお湯で濡らして硬く絞ったもので、体を拭いてあげるようにしてください。

 

赤ちゃんが泣いてしまう場合は?

沐浴するといつも赤ちゃんが泣いてしまって困るという人もいるとおもいます。

そんな時は沐浴時間を変更してみてください。

夕方などは、赤ちゃんがぐずりやすいです。

なので、午前中やお昼頃にすると機嫌良く沐浴できると思いますよ。

それでも泣く場合は、お湯の温度や部屋が寒すぎたり暑すぎたりしていないか見直してみてください。

赤ちゃんはお母さんのお腹の中で、ずっとお風呂に入っていたようなものなので、お風呂嫌いの子はいません。

沐浴はスキンシップにもなるので、楽しく会話しながら入れてあげて下さいね。

 

慣れるまでは本当に大変ですよね。

1人でアタフタしちゃったり…。

でも生後1ヶ月を過ぎると、大人と一緒にお風呂に入れるようになって格段に楽になるので、それまで頑張りましょうね。

 

スポンサーリンク

-子育て, 子育てコラム

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.