生活 豆知識

七五三は男の子女の子それぞれお参り時期は?満年齢?数え年?

更新日:

子どもの成長を祝う大切な行事「七五三」。

大切な行事だからこそしっかり準備して臨みたいですよね。

今回は七五三の由来やお祝いの仕方、お参りの時期について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

七五三の由来

昔は乳幼児の死亡率が高く、7歳までの子供は神の子と称されていました。

そして、子供が7歳まで無事に育つと初めて社会の一員として認められていました。

そんな子供の成長をお祝いする家庭行事の一つが七五三なのです。

明治時代には

・3歳の男女 「髪置き」髪を伸ばしはじめる
・5歳の男 「袴着(はかまぎ)」初めて袴をつける
・7歳の女 「帯解き」帯を使い始める

のような儀式が行われていたものが、現在に定着してきたのです。

 

七五三の祝い方

子供が無事に成長したころを祝う家庭行事なので、各家庭それぞれのお祝いのスタイルでお祝いしましょう。

一般的には神社で参拝、写真撮影、家族で食事などを行うことが多いようです。

また、神社への参拝は遠くの有名神社へ出かけなくても、近くの神社でいいのです。

何よりもお祝いする気持ちが大切です。

 

そして主役はもちろん子供なので、親の満足だけで終わらないよう、心に残る記念日になるようにしましょう。

 

お参りの時期はいつ?

七五三の日は11月15日となっていますが、特にいつからいつまでという日にちに決まりはありません。

最近では11月15日にこだわらず、10月、11月の休日など家族の都合のいい日に行われています。

 

数え年?満年齢?

昔は生まれた年を1歳とする「数え年」でお祝いされていましたが、最近では生まれた日を0歳と数える「満年齢」でお祝いしている家庭も多いようです。

これは、地域や家庭によってもそれぞれです。

しかし、どちらが正しいというものはなく、「数え年」でも「満年齢」でもどちらでお祝いしても大丈夫です。

早生まれの場合も、同じ理由で各家庭の状況で「数え年」か「満年齢」でお祝いするかを決めていいでしょう。

 

男の子と女の子のお祝い年齢は?

昔は男の子は数え年の3歳と5歳、女の子は3歳と7歳で祝いましたが、現在では満年齢で男の子が5歳(地方によって3歳も)、女の子が3歳、7歳でお祝いする事が一般的になっています。

兄弟姉妹がいるときは、年齢にこだわらずにやっていけないことはありません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事

スポンサーリンク

-生活, 豆知識

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.