健康・病気

赤ちゃん・子供のあせも予防にはワセリン。薬はステロイドが一番!上手に使えば恐くない!

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

暑い日が続くと汗をよくかきますよね。

大人はよりも特に赤ちゃんや子供はよくかきます。

そんなあせもの対策はどうしたらいいのでしょうか。

息子が通っている皮膚科の先生に教えていただいた、あせもの予防方法と効果的な薬の使い方について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あせもになるのはなぜ?

あせもの原因は汗です。

大量に汗をかいたとき、汗が皮膚の中にたまってしまうのです。

人間の皮膚には汗管(かんかん)という管状の線があり、体温が上がってるくと体の体温を下げるために、汗管から汗を出すのです。

汗がたまると、汗管の周りに漏れ出し、水ぶくれができたり、炎症を起こして赤いブツブツになったりするのです。

 

また、子供は大人よりもあせもになりやすいのです。

実は汗腺の数は大人も子どもも同じ

子供の小さい体に大人と同じだけの汗腺がギューっと密集されているので、子供は汗を大量にかくのです。

 

あせもの予防方法

上記でも紹介したように、子供は汗をかきやすいうえに、汗をかいたら着替えたり、汗を拭くなど自分でケアをすることができません。

ですので、親ができるだけあせもになるまえにケアをしてあげるようにしましょう。

具体的な予防対策は

  • 衣類は通気性の良い素材を選ぶ
  • 汗をかいたらすぐに拭いてあげる
  • オムツはこまめに交換する
  • 爪は短く切っておく(かくのを防ぐ)
  • 大量に汗をかいたら、ぬるめのシャワーや沐浴で汗を流す
  • かゆみが強い場合は、冷たいタオルなどで冷やす

などです。

 

予防方法としてはワセリンなどでの保湿も効果的です。

息子の通っている皮膚科の先生によると、あせも対策には保湿をしっかりしてあげることで予防になるそうです。

皮膚は乾燥している状態だと外部からのダメージを受けやすいので、保湿をして肌を丈夫にしておくことで、あせもにもなりずらくなるんだとか。

そのためにボディークリームでもOKですが、保湿力の高いワセリンは効果的!

まだ赤くかゆみも出ていない状態のあせもなら、ワセリンをしっかり塗ってあげることで健康な肌に治りますよ。

 

ちなみに息子には皮膚科で処方してもらった「プロペト」という白色ワセリンと、「ビーソフテン」という保湿クリームで毎日ケアしています。

こちら↓のワセリンもおすすめ

 

 

赤くかゆみのあるあせもにはステロイド

汗をかいたらしっかりケアしてあげていても、あせもができる場合もありますよね。

かゆみがあるあせもには、皮膚科で処方してもらえる副腎皮質ホルモン剤の入った薬が、良く効きます。

副腎皮質ホルモン剤は、ステロイドの入った薬の一種です。

ステロイドと聞くと副作用が心配だし恐いと思う人もいるかもしれません。

でも、ステロイドは皮膚科のお医者さんに受診して、しっかりと説明を受けて、きちんと処方通りに使えば、恐ろしい薬では、ありません。

むしろしっかり塗って早目に対処することで、とびひになることを防ぐことができるでしょう。

 

「ロコイド軟膏」という副腎皮質ホルモン剤を今は息子に処方してもらっています。

注意しているのは、2週間以上同じ個所に塗り続けないこと。

塗るときにはしっかり塗って2、3日で治してあげるようにしています。

 

関連記事

スポンサーリンク

-健康・病気

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.