健康

妊娠中のインフルエンザ予防接種受けて影響・副作用は?防腐剤入りは危険?

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

毎年冬に流行するインフルエンザ。

普段から気を付けていなければならない病気の1つですが、妊娠中は特に気を付けなければいけませんよね。

妊娠中にインフルエンザに感染すると重症化しやすいといわれています。

自分だけならまだしも、お腹の中の赤ちゃんにも影響が及ぶと考えると怖くなりますよね。

そんなインフルエンザに感染しないために予防接種は受けても大丈夫なのか、またインフルエンザに感染した場合の対処方法についても紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

妊娠中予防接種は受けていいの?

インフルエンザの予防接種は、妊娠中でも受けた方がいいとされています。

インフルエンザに感染することで、ウイルスが直接お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす心配はないのですが、妊娠中にインフルエンザに感染すると重症化するケースが多いのです。

 

妊娠中すべての時期(初期であっても)予防接種が安全・有効であることがわかっています。

しかし、卵アレルギーの人はアナフィラキシーショックを引き起こす可能性もあるため、予防接種は避けるようにしましょう。

 

妊娠を希望している人は、あらかじめ妊娠前に予防接種を受けることによって抗体をもった強い母体を作ることにつながります。

 

インフルエンザワクチンの防腐剤って?

日本で受けられるインフルエンザのワクチンには2種類あります。

1つは防腐剤フリー。もう1つは防腐剤入り。

1人用のワクチン0.5mlには、防腐剤は不要で入っていませんが、2人用のワクチン1.0mlには開封後の細菌感染防止のため防腐剤が入っています。

 

ワクチンに含まれている防腐剤は、チメロサール(エチル水銀チオサリチル酸ナトリウム)という成分で、有機水銀です。

水銀ときくと、「大丈夫なの?」と不安になりますよね。

産婦人科医の宮﨑亮一郎先生(江東病院産婦人科部長)曰く、「インフルエンザワクチンの添加剤(防腐剤)は微量で、問題ないでしょう。妊娠中でも受けられます」とのこと。

産婦人科医が指標としている『産婦人科診療ガイドライン』でも、以下のような記述があります。

チメロサールを含んでいる製剤もその濃度は極少量であり、胎児への影響はないとされている

心配・不安はあると思いますが、医師によく相談してインフルエンザに感染しないためにも予防接種を受けておきたいですよね。

産婦人科でも予防接種を受けることができるので、担当の先生にしっかり相談してみましょう。

 

それでも感染した時は?

予防接種を受けていても、インフルエンザに100%感染しない保証はありません。

もし、妊娠中インフルエンザに感染した場合はどうすればいいのでしょうか。

妊娠中に発熱や悪寒などのインフルエンザ感染症状があった場合は、一刻も早く医師の診察を受けましょう。

病院は必ず内科などの一般病院へ。

産婦人科だと他の妊婦さんへ感染の可能性があります。

 

インフルエンザ発症から48時間以内にタミフル(インフルエンザ治療薬)を投与することで、インフルエンザウイルスの増殖を抑え重症化の防止効果が期待できます。

タミフルやリレンザを服用することによって、お腹の赤ちゃんへの影響はこれまでに報告されていません。

ですので、タミフルやリレンザの副作用はそれほど心配する必要はないようです。

むしろ副作用を恐れて、タミフルを投与せず悪化すると赤ちゃんへの悪影響が心配です。

もし妊娠中、インフルエンザで受診するようなことがあれば、不安なことをしっかり医師と話し合うようにしたいですね。

 

予防の基本

インフルエンザや風邪などウイルス感染予防の基本は『手洗い』『うがい』です。

そして、できるだけ人ごみに出かけないことです。

出かける際には、マスクを忘れないようにしましょう。

母体がワクチン接種を受ける最大のメリットは、母体でつくられた抗体が胎盤を通じて胎児に運ばれることです。

生後六か月間は、母親からもらった抗体によって、赤ちゃんがインフルエンザにかかりにくくなります。

生後1年はインフルエンザの予防接種が受けられないので、お腹の中にいる赤ちゃんにとって、非常に重要ですね。

 

バランスの良い食事を心がけて、睡眠をしっかりとってウイルスに負けない体づくりをしましょー!

インフルエンザ予防にはホットヨーグルトが効果的!作り方も紹介!

 

スポンサーリンク

-健康

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.