海外旅行

ジムトンプソンの家へ船で観光。タイの建築様式を見学できるよ

投稿日:

ジムトンプソンの家

https://koresiri.com

バンコクにきてから知ったジムトンプソン。

タイシルクを使用した製品を取り扱っているお店で、鞄や洋服、スカーフ、ポーチなど様々な物が販売されています。

そのブランドの生みの親である、ジム・トンプソンさんが住んでいた家を現在は博物館にして一般公開されています。

そんなジムトンプソンの家への行き方、入場料金、施設内の様子などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

 

ジム・トンプソンとは

ジムトンプソンは1906年生まれのアメリカ人で、第2次世界大戦前は建築家として働いていました。

34歳の時、アメリカ陸軍に志願しヨーロッパで従軍していましたが、第2次世界大戦終了間際にOSSの情報将校としてタイに派遣されます。

退役するまでバンコクで勤務し、タイに永住しました。

家内産業であったシルクの手織りに興味を持ったトンプソンは、その普及に没頭。

デザイナーとしても、染色家としても天賦の才能に恵まれていたトンプソンは、プリント模様のシルクを生み出し、タイシルクを世界に広めていきました。

しかし、1967年3月26日マレーシアのキャメロン高原で休暇中、謎の失踪をとげ、いまだ手掛かりもつかめていません。

1959年に家の完成後まもなく一般公開され、現在も施設博物館として公に公開されています。

 

 

ジムトンプソンの家への行き方

ジムトンプソンの家の場所は、地図では以下の場所です。

ジムトンプソンの家への行き方は3通りあります。

  1. タクシー・車
  2. BTS

一番簡単なのは、タクシーや車で行く方法。

目の前まで行くことが出来るので、楽チンです。

 

そして、王道なのがBTS。

BTSナショナルスタジアム1番出口から徒歩3分ほどで到着することが出来ます。

帰りは、無料シャトルカーで送迎してくれるので便利ですよ。

無料シャトルサービスカー

 

ちなみに私は、センセープ運河を走る船で行きました。

船着き場を降りると、ジムトンプソンの家への看板が出ているので迷うこともありませんよ。

船着き場からの看板

サパンフアチャン船着き場で降り、運河沿いを2~3分歩いて行きます。

すると、すぐに赤茶色の建物が見えてきますよ。

ジムトンプソンの家

 

 

入場料金

ジムトンプソンの家は、レストラン、カフェ、ショップ、博物館の4つの施設からなっています。

レストラン、カフェ、ショップなどは無料で入ることが出来き、レストランはタイ人や観光客にも人気の施設です。

博物館は有料で、以下の料金が必要です。

年齢 料金
22歳以上 200バーツ
22歳未満 100バーツ
10歳未満 無料(大人の付き添い必要)

ジムトンプソンの家へ入ると、入場チケット窓口があるので、そちらで購入しましょう。

チケット購入窓口

チケットを購入する際に「どこから来ましたか?」と聞かれます。

その際に「日本から」というと、日本語で書かれた案内文をもらえますよ。

チケットを購入したら、すぐに奥にある博物館のガイド案内受付へ向かいましょう。

案内受付

受付でレシートを渡すと、時間を記入されるので、その時間がくるまで、カフェやショップで過ごしましょう。

ガイド案内時間の紙

私は朝一に行ったにも関わらず、30分以上待ったので日本人は中々ジムトンプソンの家へは来ないのかな・・・。

 

 

施設内の雰囲気

家の敷地内にはいると、砂利が敷かれていてレストランの池には鯉も泳いでいるなど、日本の懐かしい景色の様でした。

シルク糸

敷地内では、繭から糸にする様子を実演してくれていたりと、ガイドまでの待ち時間の間見て回ることができましたよ。

繭を糸にしている様子

 

 

日本語ガイドさんが案内

時間になり再度受付へ行くと、日本語ガイドさんが案内をしてくれました。

私と一緒に見学したのは、6名ほどで約30分間のツアーでしたよ。

ジムトンプソンの家

トンプソンさんが実際に住んでいた家

まずは、建物の外から案内してくれました。

数ある美術品の中でも一番古いという像や

ジムトンプソンの家にある像

実際にシルクに模様をプリントするのに使用されていた木版

ジムトンプソンが使っていた木版

などなど色んなものを説明してくれます。

 

一通り、家の周りの美術品を観終わったら、靴を脱いで家のなかへ。

家の中はカメラなどでの撮影は一切禁止なのため、荷物をロッカーに預け中へ入っていきます。

家の中には、ジムトンプソンさんが世界中から集めた食器や絵、像など古美術品がいっぱい。

さらには、タイの古い建築様式を取り入れたチーク材で造られた家は、建築に詳しくない私でも興味深かったです。

外はとても暑かったのに、なぜか家の中は涼しくて不思議でした。

 

こちらは、昔のトンプソンさん家の玄関。

ジムトンプソンの家の玄関

センセープ運河から船で荷物を運んでいたので、運河方面に大きな玄関がありましたよ。

 

 

美術品が沢山

ガイドが終了すると、お手伝いさんが住んでいた家を紹介してくれました。

現在は、トンプソンさんが集めた美術品を展示してあって自由見学です。

ジムトンプソンが集めた美術品

ジムトンプソンが集めた美術品

他にも色々とありましたが、全くわからず・・・。

やっぱり詳しく説明してくれるガイドさんの存在は大きいですね。

 

 

ジムトンプソンのショップ

ショップには、タイシルクを使った商品が多々販売されていました。

ジムトンプソンのショップ

洋服や、鞄、ポーチ、スカーフ、子供服まで。

ジムトンプソンのショップ

ただ、シルクということもあってか結構いいお値段。

でも、本帰国するまでには何か1つ購入したいなぁ。

 

 

ジムトンプソンのカフェ

ガイドツアー終了後、ショップ2階にあるカフェで休憩。

1階のレストランはとても混雑していましたが、カフェはガラガラ。

ジムトンプソンのカフェ

インテリアがとてもおしゃれで、ゆっくり火照った身体を冷やしました。

私は食べなかったのですが、ホームメイドスイーツも色々とあっておいしそうでしたよ。

お菓子も販売されていました。

販売されているお菓子

 

 

まとめ

ジムトンプソンさんてどんな人だろうと、あまりよく知らずに行ったのですが、とても興味深かったです。

何よりも日本語ガイドさんが詳しく説明してくれるので、これで200バーツならアリだと思いました。

ガイドまでの待ち時間が私の場合、少し長かったので行く場合は時間に少し余裕を持って行った方がいいかなぁ。

次回行くときには、レストランも利用してみたいです。

ジムトンプソンのレストラン

レストランの様子

 

 

施設詳細

  • 施設名:ジムトンプソンの家
  • 住所:6 Rama I Rd, Wang Mai, Pathum Wan District, Bangkok 10330
  • TEL:02-216-7368
  • 営業時間:9:00-18:00(レストランなども全て)
  • 休館日:なし
  • 入館料:上記記載
  • 会話:タイ語、英語
  • HP:http://www.jimthompsonhouse.com/

 

 

 

-海外旅行
-, ,

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2019 All Rights Reserved.