ちちんぷいぷい

ちちんぷいぷいそんなん初めて食べましたで紹介!酸味香るエクレア!

更新日:

5月17日放送のちちんぷいぷい「そんなん初めて食べました」では、真夏にピッタリ!爽やかな酸味が香るエクレアが紹介されました。
エクレアといえばチョコレートがかかっていて、甘いイメージがありますが、「酸味が香るエクレア」ってどんなものなんでしょうか。
気になりますよね。
それでは見てみましょう!

 

スポンサーリンク

 

おいしいお店 デリチュース

およそ100種類の商品が並ぶ「デリチュース」。
名前の由来は英語デリシャス(おいしい)のイタリア語で、その名の通り美味しそうなデザートがいっぱいあるんですよ。

その中でもおすすめは「デリチュース」。
20150517_01
「おいしい」の意味の店名と同じ名を持つチーズケーキです。
チーズの王様と言われる「ブリー・ド・モー」を使用したレアチーズケーキのような舌触りのチーズケーキです。

今回紹介するのは、爽やかな酸味が香るエクレア。
そんな爽やかなエクレアを考えたのは、製菓の責任者この道35年の植村さんです。

驚くほど酸味のきいたさわやかなエクレアで、中のチョコレートクリームに酸味を加えて夏らしい爽やかな味なんだとか。
それでは作り方を見ていきましょう。

 

シュー生地作り

まずはシュー生地作り。
ここに秘密が隠されています。

まずは牛乳・水・バターを混ぜ合わせ、隠し味に塩を加えます。
通常はここで小麦粉を加えるのですが、このエクレアちょっと違うんです。

小麦粉の代わりに使うのはローストした玄米粉と、オート麦や大豆などが入った雑穀なんです。
20150517_03
小麦粉と違い水分を含むグルテンが少ないので粘りが出てこないため、柔らかくならずサクサクした食感のある生地になるそうです。

さらに温めた牛乳に加えて一気に水分を飛ばします。
すると香ばしい香りが一気にでてきます。

水分が飛んだら、卵を入れます。
粘りが出てきたら完成。

生地を絞り形を作ったら、カリッとした食感になる粉砂糖と小麦粉のペーストを絞り、さらにアーモンドとカカオの皮をのせて香ばしく焼き上げます。
20150517_06

 

クリーム作り

続いては爽やかなクリーム作りです。
温めた生クリームとミルクチョコレートを合わせ、チョコレートクリームをつくります。

ここで登場するのが爽やかさの元になるペーストパッションフルーツのピューレ。
酸味の正体はパッションフルーツだったんですね。
20150517_04
パッションフルーツはゼリー状の黄色い果肉で、華やかな香りと清々しい酸味が特徴の夏のフルーツなんです。

このパッションフルーツ、ものすごく酸っぱいのですが、チョコレートクリームと合うのでしょうか。
実はこのままだとお互いがケンカしあって合わないのですが、一晩寝かせることで味が馴染み芳醇なクリームに!

ちなみに先ほどシュー生地にのせた、このペーストにもパッションフルーツが入っているんですよ。
20150517_05

さぁそれではいよいよ仕上げ。

シュー生地を半分に切っていきます。
2つに切った後は、パッションフルーツが入ったチョコレートクリームをのせます。

続いてのせたのはカスタードクリーム。
なんとエクレアには合計3つのクリームが入っているんです。

最後にのせるのは、甘めのミルクチョコレート。
20150517_07
この三層のクリームのバランスが酸っぱ過ぎず甘すぎない絶妙な味になるんだそうですよ。

仕上げにピスタチオと粉砂糖でデコレーションしたら、チョコレートの中に爽やかな酸味が香る「エクレア・パッション・ショコラ」の出来上がりです。

味は驚くほどパッションフルーツが感じられます。
でもチョコレートクリームの甘さとの絶妙なバランスがよく合います。
生地はサクサク!

 

お店情報

【デリチュース 箕面本店】
住所:住所大阪府箕面市小野原西6-14-22
電話:072-729-1222
FAX:072-729-2233
営業時間:10:00~20:00
定休日:火曜日
※火曜日が祝日の場合は営業
URL:http://www.delicius.jp/

エクレア・パッション・ショコラ 1個216円(税込)
20150517_02
※箕面本店の店頭のみの販売。

 

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
マルミ

マルミ

こんにちは、マルミです。 主人、息子と関西での3人暮らし。生まれも育ちも関西なので、典型的な関西のおばちゃんです(笑) 学生の頃から大のミスチルファン。

-ちちんぷいぷい

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2018 All Rights Reserved.