家電

コードレス掃除機2016人気7社比較おすすめランキング。カタログだけじゃ分からない主婦目線の感想。

更新日:

手軽に使えて便利なことから今大人気のコードレス掃除機。

スティック掃除機なんて呼ばれ方もしています。

いざ欲しいと思っても色んなメーカーから発売されていて、どれを購入していいのか迷っちゃいますよね。

そこで今回は、人気7社のコードレススティッククリーナーから比較ポイントを絞ってまとめてみました。

ぜひ購入の参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

コードレス掃除機人気7社

まず比較した7つのメーカーとモデルは以下の通りです。

・dyson(ダイソン) DC62

・マキタ CL103DX

・エレクトロラックス エルゴラピード・リチウム14.4V ZB3104

・日立 PV-BC200

・シャープ FREED2 EC-SX210

・パナソニック MC-BU100J

・東芝 東芝VC-CL200

 

比較1.掃除機の軽さ

従来の掃除機とは違い、コードレス掃除機は軽さもポイントになってきますね。

軽い順にランキングしてみました。

1位:マキタ 1.3kg

2位:ダイソン 1.63kg

3位:東芝 1.9kg

4位:シャープ 2.1kg

5位:エレクトロラックス 2.5kg

6位:パナソニック 2.7kg

7位:日立 2.8kg

 

マキタは驚くほど軽いです。

気づいたときにサッと掃除したいなど、手軽さを求める人にはおすすめ。

5~7位の3メーカーはマキタに比べると重いのですが、それなりの理由が。

実はこの3メーカーには、さらに小さいハンディタイプの掃除機が内蔵されているのです。

 

比較2.充電時間

掃除機をフル充電するまでの時間です。

早い順にランキングしてみました。

1位:シャープ 約80分

2位:ダイソン 3.5時間

3位:マキタ・エレクトロラックス・日立 約4時間

6位:東芝 約5時間

7位:パナソニック 約5.5時間

 

ずば抜けて充電時間が短いのはシャープ。

ただ、他の掃除機に比べて使用可能時間が短いのがネック。

 

比較3.ご飯粒やお菓子のかけらなどしっかり吸い取るか

これは小さい子どもがいる家庭では、必要なポイントですよね。

まだまだ上手に食べられなくて床には食べこぼしがいっぱい・・・ってことは日常茶飯事です。

ウチの息子も3食毎日床には食べこぼしが・・・。

そんな時にサッとコードレス掃除機を取り出して吸い取ってくれると便利です。

こんな時におすすめする掃除機は『エレクトロラックス』と『マキタ』。

一度でスッキリ吸い取ってくれます。

 

比較4.部屋の隅までしっかり吸い取れる

部屋の隅や階段の隅などにゴミやホコリってたまりがち。

そんな隅っこのホコリまでしっかりと吸い取りたい!っていう人におすすめなのが『エレクトロラックス』や『ダイソン』。

『エレクトロラックス』はヘッドが大きい分、しっかりと吸い取ってくれます。

『ダイソン』も吸引力は抜群!

 

比較5.たまったゴミを捨てるとき

これは個人の好みが分かれるとお思いますが、パックごと捨てられ手が汚れない『紙パック式』かカップにゴミが溜まっていく『カップ式』か。

私個人的には紙パック式がお手入れも楽だしおすすめです。

7メーカーのうちパック式なのが『マキタ』。

不織布のパックが付いていて繰り返し使用できるようになっています。

ただ、これだと少し手間がかかるのですが、付属でそのまま捨てられる紙パックもついています。

 

その他の6メーカーは『カップ式』。

パナソニックのものは、フィルターを外してさらにカップ内の部品を外してからゴミを捨てなくてはいけないので、少し手間がかかるかな。

あとの5メーカーは手軽に捨てられます。

 

ぜひ購入の際は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-家電

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.