おでかけ

大井川鉄道トーマス号に乗ってきた。最大限楽しむ5つのポイント!リアルトーマスに子供も大人も大興奮だったよ!

更新日:

こんにちは、マルミです。

先日、念願の大井川鉄道トーマス号に乗ってきましたよ。

今回は、そんな息子の私も大興奮だったトーマス号の体験レポートです。

 

スポンサーリンク

 

トーマス号乗車前に

今回、トーマス号が出発する新金谷駅へは電車で向かいました。

新金谷駅は、金谷駅から1駅のところ。

金谷駅にもトーマスのパネルやお土産物も販売されていましたよ。

20160920_06

ここで、トーマス号特集のフリーペーパーもゲット!

 

新金谷駅に到着すると、早めに到着したにも関わらず、すでに多くの人が!

とりあえず、駅前にある『プラザロコ』へ。

ここで、車内で食べる駅弁を購入しに行きました。

実は以前まで、お弁当を予約すると、座席に運んで置いてくれるサービスがあったので予約しようと問い合わせると、今年から無くなったそうで・・・。

 

店内へ入ってすぐ、乗車記念品引き換えコーナーがあったので、チケットと引き換えることに。

記念品は、トーマスのステッカーでした。

2種類のステッカーを2枚ずつ計4枚も、さらにトーマス号の終着駅『千頭駅』で行われるトーマスフェア入場チケット。

20160920_10

このチケットは、しおりにもなりそうなくらいカワイイ作り。

そして、同時にもらったパンフレットには、プラザロコの割引券が!

500円も割り引いてくれるので、お弁当を買う前にもらっておいて良かった。

 

お弁当は、息子には『トーマス弁当』、私は、『大井川ふるさと弁当』に。

20160920_12

さらに、トーマスボトルのお茶も買いました。

20160920_13

 

プラザロコ内にはキッズスペースもあって、プラレールやトーマスの乗り物などが置いてあります。

20160920_09

記念写真などを取った後は、乗車時間までここで十分時間を潰せました。

 

トーマスに会えた!

乗車時間になり駅にトーマスがやってくると、大歓声!

乗車前にトーマスと記念写真をパチリ。

客車と連結すると、駅にはトーマスのアナウンスが流れ、続々と客車に乗り込んでいきます。

 

客車は全部で7号車までありました。

トイレは4号車と7号車の2か所。

往路は7号車が先頭、復路は1号車が先頭になりましたよ。

 

車内はレトロな雰囲気に、座席にも天井にも壁にも、トーマスや仲間たちだらけ。

20160920_11

もちろん車内はクーラーの設備などはなく、扇風機のみ。

私は9月に行ったので、車窓からの風が気持ち良く感じたのですが、7・8月だとそうはいかないだろうなと・・・。

 

トーマス出発

沢山のトーマスファン達に見送られながら出発!

千頭駅に到着するまで、本当にたくさんの方たちが手を振ってくれていて、息子も嬉しそうに手を振り返していました。

車内では、トーマスのアナウンスや、ハーモニカ演奏、限定グッズの車内販売、お土産物やお弁当、飲み物などの車内販売もありました。

さらに、カメラマンが各座席を回って写真を撮り1500円で販売するというものも。

これ、記念になるしついつい買っちゃいますよね。

 

トーマスフェア

千頭駅へ到着すると、まずはトーマスフェアへ。

千頭駅で待っていたパーシーやヒロと記念写真をパチリ。

ヒロとパーシーの運転席にも乗ることができましたよ。

20160920_14

 

12時20分からは、トーマスが転車台へ。

20160920_15

普通なら180℃回せばいいところを大変なのに540℃回してくれるんです!

その後は復路の出発までトーマス、パーシー、ヒロの3車体が並びます。

20160920_16

 

トーマスフェアから線路を隔てた道の駅(?)に今年から仲間入りしたバーティーも発見!

20160920_17

あまり人気がないのか、気づいている人が少ないのか・・・余裕で写真を撮れました(笑)

復路までの約2時間はあっという間に過ぎちゃいました。

復路では、疲れちゃったのか爆睡している人が多かったかな。

 

駐車場は?

新金谷駅にある駐車場はすごく広く、私が行った日は満車にはなっていませんでした。

20160920_07

満車になっても、臨時駐車場もあったようで、リムジンバスが用意されていましたよ。

1日800円で、トーマス号に乗車する人優先のようなので、「駐車場が満車で止められなかったら・・・」という心配はなさそうでした。

プラザロコの隣にあるコインパーキングは出発の1時間半前には既に満車でした。

20160920_08

 

最大限楽しむためのポイント

車内ではお弁当を食べながら風景を楽しもう

車内で駅弁を楽しむのも、1つのポイント。

今はなかなか車内でお弁当なんて食べませんよね。

千頭駅に到着してからもお店が出ていたり、食事をするお店もありますが、せっかくなら車内でお弁当を食べませんか。

車窓から見える素晴らしい風景を見ながらだと、お弁当もさらにおいしくなりますよ。

 

お土産は乗車前に購入しておくのがオススメ

私は実際、乗車前にプラザロコで購入しておきました。

千頭駅でも購入できましたが、トーマスの転車を観たり、フェアを十分堪能するなら千頭駅ではバタバタしてしまいがち。

さらに復路出発前には、レジは大行列・・・。

出発前に購入して、車内に置いておくのがオススメです。

 

白い服は着ていくべからず

トーマス号は、往路・復路ともに14個のトンネルをくぐっていきます。

トーマスは機関車なので、トンネル内に入ると灰が飛んできます。

洋服にも気づいたら、黒い点々が・・・。

私帰宅後、鼻をかんだら黒い鼻水が出ました(笑)

汚したくない服は着ていかないのがベストです!

 

トーマスの転車はぜひ見るべし

往路到着約20分後にトーマスの転車が行われます。

さらに、復路到着後は約5分後にトーマスの転車が行われます。

これは中々観ることができるものではないと思うので、どちらかだけでも是非観ることをおすすめします。

 

トーマス達との記念写真は絶対!

トーマス達と記念写真を撮るチャンスは2回。

出発前に駅でパチリ。

千頭駅のフェアでパチリ。

の2回です。

フェアでは、写真を撮ってくれるスタッフがいるので、それぞれお気に入りのキャラクター達と旅の記念にパチリと撮っておきましょう。

 

マルミ的感想

本当に楽しかったです。

トーマス好きの息子のためにと、遠い静岡まで行くことを決めましたが、大人の方が大興奮。

当日は天候にも恵まれて、車内は少し狭かったですが、快適に過ごすことができました。

トーマスフェアでも色んな乗り物にも乗れましたしね。

 

迷いに迷った宿泊は、掛川の『パレスホテル掛川』に宿泊しました。

鉄道好き・トーマス好きの家族には、本当におすすめのイベントです。

まだまだ今年で3年目なので、これからもっとより良いイベントなっていくんじゃないかな。

「息子もまた行きたい!」って言ってたので、機会があればぜひ(笑)

スポンサーリンク

-おでかけ

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.