おでかけ

浜松市うな正の口コミ。幻のブランド共水うなぎがメチャウマでした!

更新日:

こんにちは、マルミです。

先日、静岡へ行ったときに幻のブランドうなぎが食べられる『うな正』へ行ってきました。

 

スポンサーリンク

 

店外へも漂う良い香り

お店へ到着して車を駐車場へ停め、車から降りた途端うなぎの良い香り。

一気にお腹が空いてきました。

20160923_01

のれんをくぐって店内へ入ると、テーブル席3つほどと座敷席が5つ。

子供がいるということで、座敷席へ案内してもらいました。

 

注文したのは『共水うなぎ うな重』3800円!

ランチにしては少々お高いですが、せっかく浜松にきたのだからと奮発しちゃいました。

 

幻の共水うなぎとは

静岡県焼津市(旧大井川町)にある株式会社共水が養殖しているうなぎ。

うなぎ本来の美味しさを第一に考えて、品質研究・養殖されており、健康で美味しく育てるために飼育尾数に制限があるそう。

なので、年間出荷量が少なく、全国でも30件ほどのうなぎ店でしか味わえない幻のうなぎなんです。

 

共水うなぎの味に感動

注文してしばらくすると、先付として『湯葉』と『ヒレの煮凝り』が。

20160923_03

湯葉にはかぼちゃのソースがかかっていました。

湯葉も美味しかったけど、煮凝りがめちゃうま!

お酒が欲しくなる!

 

先付を完食し、しばらくするとお店の主人らしき方が出てきて、「今回は、こちらを焼かせていただきます」と串打ちしたうなぎを見せてくれました。

20160923_02

すごく丁寧ですよね。

こだわりが感じられ、うなぎに期待が膨らみます。

 

一緒におすすめされたのは、砂肝の串焼き、中落ちの串焼き、ピーマンとヒレの串焼き。

砂肝の串焼きをお願いしました。

20160923_04

砂肝はこれまた美味しい。

ますます、この後のうなぎに期待が膨らみます。

 

そして待ちに待ったうな重の到着!

お重を開けるとお重いっぱいに敷き詰められた共水うなぎ。

20160923_05

食べた瞬間「旨い!」

思わず唸ってしまうほどの味。

しかもうなぎがフワフワ

関西で食べるうなぎは、もう少し皮がパリパリしているから、こんなうなぎ初めて。

 

調べてみると、関東方面ではうなぎを蒸して焼いているらしく、関西方面では蒸していないよう。

だからこんなにフワフワなんだ。

 

タレはちょっぴり甘めで、好みの味。

このタレに使う醤油も特製、米も佐渡の『こしひかり』を使っているんだって。

さらに山椒もミル挽きなので、香りが豊か。

ペロリと平らげてしまいました。

 

その他にも、お吸い物と香の物もいただきました。

香の物は自家製なのかな?

これも絶品でした。

7品ほどもあり、どの野菜も美味でした。

 

11時半頃に到着した時には店内で4組ほどが食事をされていましたが、私たちが食事をしている最中に満席になってしまって、人気の高さをうかがえました。

本当に美味しかった。

また食べたいなぁ。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

-おでかけ

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.