おでかけ

有馬富士公園あそびの王国は無料で1日楽しめる。鬼がテーマで面白い遊具がいっぱい!

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

GW3日目、公園大好き息子のリクエストで兵庫県三田市にある有馬富士公園へ遊びに行ってきました。

この公園へは初めて行ったのですが、面白い遊具がいっぱい!

公園はもちろん駐車場も無料で、1日遊べる公園でしたよ。

 

スポンサーリンク

 

有馬富士公園の駐車場情報

有馬富士公園には、第1〜第3と臨時駐車場合わせて4つの駐車場、合計500台駐車場できるスペースが用意されています。

利用可能時間は、9時〜17時。

※夏休み期間中は18時まで。

利用料金は、なんと無料

なので時間を気にせず、1日ゆっくり遊べます。

 

4つの駐車場は、それぞれ場所が離れているので、有馬富士公園内でも利用する場所によって選ぶといいですね。

今回我が家は、『あそびの王国』へ行きたかったので1番近い第3駐車場へ駐車しました。

9時半頃に到着しましたが、GW期間中ということもあってか、第3駐車場は7割程度うまっていました。

第3駐車場だけで273台駐車できますが、休日になると家族連れですぐに満車になるようなので、早め到着をおすすめします。

 

あそびの王国 遊具エリア

駐車場から50mほど歩いて行くと、あそびの王国に到着。

あそびの王国は、2つのエリアに分かれています。

カミナリ鬼の子どもの物語をテーマにした遊具がいっぱいの遊具エリア。

木々がいっぱいで自然を感じられる自然エリア。

入ってすぐに遊具エリア。

その奥に自然エリアと続いています。

今回我が家は、遊具エリア中心に遊びました。

 

鬼がテーマの遊具がいっぱい

カミナリの砦

遊具エリアに入ってすぐ、『カミナリの砦』がありました。

このエリアは6歳までの子どもを対象にした遊具を置いています。

トランポリンのように遊べる『ふわふわぐも』や滑り台があります。

滑り台も比較的小さめ。

 

特徴的なのは、カミナリ太鼓などの音が鳴らせる遊具があるところ。

子ども達がドンドン鳴らすので、エリア内には常に太鼓の音が響いていましたよ(笑)

 

鬼ヶ富士

さらに奥へ進むと、遊具エリアのど真ん中で目立っている『鬼ヶ富士』。

カミナリ鬼のお父さんの頭なんだそう。

頭の梺には、大きな滑り台があります。

この滑り台は、5歳以上・身長100cm以上と年齢・身長制限があるので要注意です。

 

お父さんの頭を登っていくと、さらに別の滑り台があります。

さっきの滑り台よりも小さめですが、長さは結構ありましたよ。

お父さんの頭からの景色は絶景で、公園内がぐるりと見渡せます。

 

鬼の食卓

さらに奥に進むと、これまた変わったモチーフの遊具が。

『鬼の食卓』というユーモアな名称がつけられていました。

 

鬼さんのお茶碗やみそ汁椀、お餅や、魚、おひつまであります。

おひつの中は砂場になっていて、周りはアスレチック風になっています。

息子は砂場よりも、壁の遊具に夢中になっていました。

 

みんなの村

さらに『みんなの村』というエリアもありました。

ミニチュアサイズの家を抜けるとジャングルジム、

さらに奥には迷路もあります。

迷路の中には滑り台もあったりと、楽しい工夫がいっぱい。

 

トイレ

あそびの王国では、広い敷地のわりにトイレが一ヵ所しかありませんでした。

お昼近くになり人が多くなると、女子トイレはトイレ渋滞が・・・。

清掃状態も普通の公園内のトイレという感じでした。

トイレ内には、子ども用のトイレ整備されていましたよ。

 

トイレの入り口前には、かわいいマンホールが!

鬼の足。

細かいところまで、鬼に特化しているのが素晴らしい。

 

まとめ

これまで息子と色んな公園へ行ってきましたが、有馬富士公園はわざわざ遠出してでも行きたい公園でしたね。

ここにしかない遊具がいっぱい。

息子も終始、走り回ってました。

有馬富士公園おすすめですよ!

 

有馬富士公園

あそびの王国マップ

 

スポンサーリンク

-おでかけ
-, ,

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.