おでかけ

冒険の森inのせでアスレチック体験!最大級のジップラインもあるよ

更新日:

冒険の森のせの看板

https://koresiri.com

先日、よんちゃんTVで紹介されていた「冒険の森inのせ」。

関西最長となるジップラインがあったり、敷地内ではキャンプができたりととっても楽しそう。

一緒に見ていた息子も興味津々で「行ってみたい!!」と大興奮!

さっそく週末に行ってみようということに。

今回は、そんな冒険の森inのせへ行ってみての感想や施設の詳細、持って行ったほうがいいものなどなど、まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

冒険の森ってこんなところ

冒険の森は大阪府立総合野外活動センターの跡地を活用するために作られた巨大アウトドアパーク。

なんと大きさは甲子園球場2つ分!

他のアウトドア施設と違うのは、森の中に設置されているというところ。

冒険の森のせ施設内の風景

なので木と木の間を渡ったり、巨大な湖の上をジップラインで滑るなど、まさしく冒険というなの非日常体験ができるんです。

体験できるコースは以下の5コース。

コース名所要時間内容
チェレンジコース約1時間子供でも体験できるツリーアドベンチャー。全3コース23アクティビティ。
アドベンチャーコース約2時間地上最大15mの本格的なコース。最後には500m以上、時速最大60kmのジップラインが。全5コース54アクティビティ。
メガジップライン「てっぺん」約30分アドベンチャーコースの最後にある500m以上のジップラインのみを体験するコース。
フォレスト セグウェイツアー約1時間オフロードセグウェイに乗って森林探索に出かけるツアー。
ツリーシェイドアドベンチャー約10分ネットトンネルや丸太渡りなど、ハーネスなしで3歳から楽しめるコース。

我が家は子供と一緒にチェレンジコースに参加してきましたよ。

 

 

予約

どのコースも参加するには前日までに予約をしなければいけません。

ただ、どうしても当日参加してみたいという場合は、電話でのみ予約可能のようです。

ただし参加の30分前には集合しておかなければならないので、予約時間には注意が必要。

ちなみに予約は30分刻みでしたよ。

 

 

到着してから

到着は30分前と聞いていたのですが、早く着きすぎてしまったので敷地内を少し散策。

スラックラインがあったり、子供が遊べる遊具があったり、

スラックラインで遊ぶ子供

おしゃれなカフェまでもありましたよ。

コンテナカフェ

 

 

体験の流れ

step
1
受付

時間になったので受付へ。

体験料金を支払います。

支払方法は現金のみのようなので、カード派の人は注意。

そのあと、注意事項が書かれた誓約書に署名をして提出します。

アスレチックの体験誓約書

 

step
2
安全装備を装着

安全装置装着の様子

1人1人確認しながらスタッフの方が安全装備を装着してくれましたよ。

初めての装備に息子はドキドキ。

安全装備を装着したら、実際のコースへ歩いて向かいます。

チャレンジコースの風景

少し見上げるとこれから体験するコースが!

ドキドキです。

 

step
3
事前説明

まずは安全装置の使用方法や注意事項をスタッフさんから説明を受けます。

15分くらいのかなりしっかりした説明。

足の着く安全な場所で滑車っていうのかな?ハーネスに装着された命綱みたいなもののつけ方外し方もこの時に実際にやってみますよ。

安全装置使い方の練習

ここまで終了したらいざ実際のコースへ!!

 

 

いざ体験

コースはこんな感じで森をぐるりと一周してくるようになっています。

チャレンジコースのマップ

フォトポイントも作ってくれていて、見学していた方も自然の中で楽しめます。

 

チャレンジコースとはいえ、ハーネスをしっかり装着して行うものなので、ドキドキ感も満点!

ジップラインも3か所あって、意外と満足感が高いんじゃないあなぁ。

チャレンジコースに挑戦している子供

意外と高いので、息子は少しへっぴり腰になっています(笑)

でも大人でもちょっと難しいかも・・・という個所もありましたよ。

後半のとあるポイントに到着したときに息子はどうしても進めず・・・

スタッフさんに声掛けしてもらってなんとか進めたという場面もありました。

無理かも・・・と思ったポイントも頑張ってチャレンジすることで、できた時の達成感を息子なりに感じてくれてたらうれしいな。

 

アドベンチャーコースほどではないけれど十分な距離のジップラインもあって、主人も子供に戻ったかのように楽しんでいました(笑)

ジップラインを滑っている様子

所要時間は説明も含めて1時間弱でした。

最初は時間内に行けるかなぁ・・・って心配していた息子もヘルプを求めた個所以外はサクサク進んでいましたよ。

 

 

準備しておくといいもの

  • 軍手
  • リュックやボディバッグなど
  • 髪留め

コースではロープをギュッと握るので、手のひらが痛くなります。

なので軍手は必須

貴重品を入れるリュックなどもあるといいかも。

コインロッカー(有料)や荷物置き場はありましたが、コース上で写真を撮りたいときやタオルを使用したいときなど小さめのカバンがあると便利。

有料のコインロッカー

ゴープロを使っている強者もいましたよ(笑)

 

 

まとめ

本格的なアスレチックに息子も楽しんでくれたようで、行ってよかったです。

非日常感を体験できるのはもちろん、達成感を得られるので子供は自己肯定感を養えるかも。

湖のそばにはテーブルや椅子が並べられているので、お弁当などを持参してここで食べてもよかったかな。

息子は「また行きたい!」と絶賛していたので、また家族で行きたいです。

今回我が家が体験したチャレンジコースは身長110cm以上、5歳~参加可能なので、体動かすのが大好きな方はぜひ行ってみてくださいね。

 

 

施設詳細

ボウケンノモリ のせ

住所〒563-0341 大阪府豊能郡能勢町宿野437-1
地図Googleマップで地図を開く
TEL090-4643-4010
営業時間平日 10:00〜17:00(最終受付時間15:00)
土日祝 9:00〜17:00(最終受付時間15:00)
WEBサイトHP

 

帰りにここでランチ

能勢町の美味しい蕎麦屋「若田亭」で子連れランチ

続きを見る

こちらもCHECK

六甲山アスレチックパークGREENIA(グリーニア)アイキャッチ画像
六甲山アスレチックパークGREENIAで1日遊んできた!口コミレポ

続きを見る

ニジゲンノモリでクレヨンしんちゃんのアスレチック体験アイキャッチ画像
淡路島ニジゲンノモリでクレヨンしんちゃんのアスレチック体験してきた!

続きを見る

-おでかけ
-