おでかけ

西脇市の日本へそ公園はローラー滑り台が魅力的。遊具もたくさんあって1日楽しめる公園だよ!

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

日本にはヘソがあるのを知っていますか?

兵庫県民なら常識、「日本のへそは西脇市」ということ。

そんな兵庫県西脇市にある日本へそ公園へ遊びに行ってきました。

長ーいローラー滑り台などの遊具がいっぱいで楽しい公園でしたよ。

 

スポンサーリンク

 

日本へそ公園って?

兵庫県西脇市は、子午線が通る東経135度と北緯35度が交差する日本の中心がある街なんです。

なので、中心=へそということで、「日本へそ公園」という名前になったようです。

日本へそ公園には、81cmの大型反射望遠鏡がある「にしわき経緯度地球科学館(テラ・ドーム)」、西脇市出身の画家横尾忠則氏の作品を展示する「岡之山美術館」、さらに「レストハウス」などがあります。

なかでも「宇宙っ子ランド」は、ジャンボすべり台やふわふわドームなど宇宙をテーマにした遊具がいっぱい設置されています。

 

宇宙っこランド

駐車場に車を停めて宇宙っこランドへ歩いて行くとすぐあるのが、銀河の広場。

広場の中央には地球があり、西脇市が赤く印されていました。

ここの中心に立って記念写真を撮っている人が多かったですよ。

広場の横にはトイレが設置されていて、中の壁や床には星座が描かれていました。

 

そこからさらに奥へ進んでいくと宇宙っ子ランドがありましたよ。

到着してすぐ目に入ったのは、この遊具「星雲」。

土星のようで変わった形になってますよね。

オレンジのドームの中は、プラネタリウムになっているようですが、入ってみたもののいまいちよくわかりませんでした。

夜になると綺麗にみえるのかしら・・・。

 

さらにその奥には「銀河旅行」。

ターザンロープですが座れる仕様になっていたので、小さい子でも支えてあげれば楽しむことができましたよ。

 

ブランコや

うんてい付きの滑り台、

子ども達が大好きなふわふわドームもありました。

 

そして大人気のローラー滑り台。

写真でみると長い滑り台に見えますが、全部つながっているわけではないんです。

途中2・3に分かれています。

ローラー滑り台は、滑りが悪い公園もありますが、ここは滑りがすごく良い。

かなりのスピードがでます。

お尻の下に敷くマットも用意されていたので、これを使うとさらにスピードアップ。

そして高低差があるので、上まで登るのが結構大変。

私は、2回ほど登っただけでヒーヒーでした・・・。

 

ローラー滑り台の到着地点は、すり鉢状の一番底になっています。

その周りでも子供たちは滑って遊んでいましたよ。

これが、結構な傾斜でビビりの私は怖くて滑れませんでした・・・。

 

傾斜の一番上には、屋根付きのベンチがぐるりと設置されているので、大人は快適でしたよ。

 

その他に

駐車場は、公園すぐ横に無料の駐車場があるので便利でした。

120台停めれるほどの大きさだったので、休日でも余裕ではないでしょうか。

 

公園内に自動販売機は設置されていましたが、飲食店はないため食べ物などは持参した方が良さそうです。

 

公園内はもちろん、トイレも綺麗に整備されていて気持ちよく利用できました。

花時計も綺麗でしたよ。

全ては紹介しきれていませんが、1歳前の小さい子でも遊べるような遊具もあったので家族連れで行くにはおすすめの公園です。

お弁当などを持参すれば、1日ゆっくりと過ごせますよ。

 

公園情報

住所:〒677-0039兵庫県西脇市上比延町

入園料:無料

駐車場:無料(120台)

交通アクセス:JR日本へそ公園駅から徒歩で1分、中国道滝野社ICから車で20分

日本へそ公園(西脇市ホームページ)

 

我が家はいちご狩りの帰りに立ち寄りました。

 

スポンサーリンク

-おでかけ
-, ,

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.