Eテレ

おかあさんといっしょ歴代体操のお兄さんまとめ。よしお兄さんは何代目?

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

NHK「おかあさんといっしょ」の最後といえば楽しい体操のコーナーですよね。

ムキムキ筋肉のお兄さんが笑顔で体操する姿は朝から爽やか。

そんな体操のお兄さん、現在のよしお兄さんは11代目。

気になって歴代のお兄さんを調べてみましたよ。

私が小さい頃「ぞうさんのあくび」をしていたお兄さんは誰かなぁ・・・。

 

スポンサーリンク

 

初代たいそうのおにいさん

砂川啓介(さがわけいすけ)本名:山下 啓一(やましたけいいち)
20160721_02
1961年4月~1969年9月

NHK「うたのえほん」の頃から(1967年に「おかあさんといっしょ」に変更)初代体操のおにいさんとして活躍してブレイク。
この頃の体操は「元気に一、二」で、約8年間けいすけお兄さんとして活躍。
体操のお兄さんを卒業してからは、番組の司会や俳優として活躍されています。
ドラえもんの声優としても有名な大山のぶ代さんの夫としても有名です。

 

2代目たいそうのおにいさん

佐久間俊直(さくまとしなお)

1963年10月~1967年3月

1963年から2代目たいそうのお兄さんとして3年半務める。
担当した体操は「元気に一、二」と「おもちゃのラッパ」。
また、おかあさんといっしょに出演すると同時に、1966年からは「ママとあそぼう!ピンポンパン」の初代お兄さんとしても活躍していました。
その後カルチャースクールの講師として活動する傍ら、茨城県で約20年間知的障害者の運動会で総合司会を担当し茨城県知事から表彰を受けたこともあった。

 

3代目たいそうのおにいさん

岡田祥造(おかだしょうぞう)
20160721_04写真:岡田祥造&素子エコール・ドゥ・バレエ
1967年4月~1969年9月

1967年4月から「元気に一、二」「おもちゃのラッパ」の体操を担当し、2年半たいそうのおにいさんとして活躍。
体操のお兄さん卒業後は、以前からバレエダンサーとして活躍していた活動の幅を広げるため、ヨーロッパへ渡りロイヤルバレエ・デ・ワロニー(ベルギー)とソリスト契約。
その後多数の劇場と契約を結んでバレエダンサーとして活躍した。

 

4代目たいそうのおにいさん

向井忠義(むかいただよし)
20160721_05写真:まっく体操クラブ
1969年10月~1973年3月

1969年から3年半体操のお兄さんを務める。
同じ時期に5代目体操のお兄さんである小西幸男さんと登場し活躍していたが、先に小西さんが卒業しその後6代目体操のお兄さんである輪島直幸さんと番組を担当した。
担当した体操は「ジャンポンポン」。
警視庁警察官体育指導、アスレティッククラブ指導を行うなど、日本の社会体育指導者の草分け的存在となった人物でもある。
現在は三鷹アスレティッククラブ「まっく体操クラブ」の代表者。

 

5代目たいそうのおにいさん

小西幸男(こにしゆきお)

1969年10月~1971年3月

1969年から5代目体操のお兄さんとして4代目体操のお兄さんである向井忠義さんと一緒に登場。
番組では「ジャンポンポン」を担当し1年半務めたが、向井さんよりも先に番組を卒業。

 

6代目たいそうのおにいさん

輪島直幸(わじまなおゆき)
20160721_06
1971年4月~1978年3月

1971年から7年間「ジャンポンポン」「地球をどんどん」「ようじ体操スイッチオン」と数多くの体操を担当。
1978年3月にたいそうのおにいさんを卒業したが、番組にはナビゲーターのポジションとなり引き続き1981年3月まで出演していた。
番組卒業後は数々の幼児番組の体操指導や、NHKラジオ体操・テレビ体操の指導者を1985年春から2003年秋まで歴任。
その後武蔵野学院大学教授を務めている。

 

7代目たいそうのおにいさん

川原洋一郎(かわはらよういちろう)
20160721_07
1973年4月~1974年3月

1年間7代目体操のお兄さんとして「ジャンポンポン」を担当した。
1年間という就任期間は歴代のなかで最も短い。
1974年3月の卒業は10代目うたのおねえさんである小鳩くるみさんと一緒だった。
現在は劇団四季に所属し、数々の舞台に出演している。

 

8代目たいそうのおにいさん

瀬戸口清文(せとぐちきよふみ)
20160721_08
1974年4月~1987年3月

1974年に11代目うたのおねえさん斉藤伸子さん、12代目うたのおねえさん松熊由紀さんと共に番組に登場し、13年間たいそうのおにいさんとして活躍する。
この13年間という就任期間は歴代の中で最長で、1987年3月に15代目うたのおねえさん森みゆきさんと共に番組を卒業。
この頃からこれまで2人体制だったたいそうのおにいさんが1人体制になる。
担当した体操は「地球をどんどん」「ようじ体操スイッチオン」「パラランたいそう」「コケコッコたいそう part 1/part 2」「ぞうさんのあくび」。
番組降板後は子供向け教材「こどもちゃれんじ」の付録ビデオなどに出演していたこともある。
2002年から2015年3月まで大妻女子大学家政学部児童学科の教授を務める傍ら、「いないいないばあっ!」や「おとうさんといっしょ」といった番組にも体操指導として携わるなど幅広く活躍している。

 

9代目たいそうのおにいさん

天野勝弘(あまのかつひろ)
20160721_09
1987年4月~1993年3月

16代目うたのおねえさんである神崎ゆう子さんと共に番組に登場し、6年間たいそうのおにいさんを務めた。
担当した体操は「ぞうさんのあくび」。
この体操は16年間も番組で放送された人気の体操。
1993年に7代目うたのおにいさん坂田おさむさん、16代目うたのおねえさん神崎ゆう子さんと共に番組を卒業。
現在は俳優やナレーターとして活躍している。

 

10代目たいそうのおにいさん

佐藤弘道(さとうひろみち)
20160721_10
1993年4月~2005年3月

8代目うたのおにいさん速水けんたろうさん、17代目うたのおねえさん茂森あゆみさんと共に番組に登場し、12年間たいそのお兄さんを務める。
12年間という就任期間は歴代2位の長さ。
ちなみに1位は8代目たいそうのおにいさん瀬戸口清文さんの13年間である。
担当した体操は、「ぞうさんのあくび」「あ・い・うー」。
番組卒業後は、土曜日に放送してい「おかあさんといっしょ あそびだいすき!」で親子一緒に体で遊ぶ楽しさを教えていた。
2008年3月に番組が終了してからは体操教室の指導やタレントとしても活躍している。

 

11代目たいそうのおにいさん

小林よしひさ(こばやしよしひさ)本名:小林剛久(読み同じ)
20160721_11
2005年4月~現在

4代目たいそうのおねえさんであるいとうまゆさんと共に番組に登場。
担当した体操は「ぱわわぷたいそう」「ブンバ・ボーン!」。
大学は日本体育大学体育学部へ進学。
10代目たいそうのおにいさんである佐藤弘道さんとは先輩後輩の仲。
番組内では体操コーナーのほかに「すりかえかめん」「ガラピコパズル」のコーナーを担当している。

 

 

スポンサーリンク

-Eテレ

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.