おでかけ

ひらパーのプール ザ・ブーンへ行ってきた口コミ。混雑状況・駐車場・持込可能物などレポート!

投稿日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

大阪でも歴史のある遊園地ひらかたパーク、通称ひらパー。

ブラックマヨネーズの小杉さんや、V6の岡田さんを園長に迎え、色々なイベントも開催されているUSJにも負けないくらい人気の遊園地です。

そんなひらパーで夏季限定でオープンしているプール「ザ・ブーン」へ行ってきました。

混雑状況や駐車場情報、持込可能なもの、日陰の情報などなど、行ってみて気になった事などをレポートしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

駐車場情報

我が家がひらパーへ行ったのは、8月のとある土曜日。

開園は10時、駐車場は9時半オープンということで、少し早めの9時到着を目標に出発。

私たちが到着した9時頃には、すでに駐車場はオープンしていました。

駐車場料金は、普通車で1日1500円。

ひらパーには、北・東・南と駐車場が3か所用意されています。

プールへ行くならおすすめは、南駐車場。

プールへは一番近いし、3F建ての立体駐車場なので車が日陰になり涼しいですよ。

 

ただ、南駐車場からプールへの道のりは、かなりの坂道。

行きは下り、帰りは上りとベビーカーだと少し大変かもしれません。

 

我が家が到着した時点(9:15頃)で、すでにかなりの入園待ち列ができていました。

すると園の方から、「本日の開園予定は9:30になります」とのアナウンスが!

早目に来てよかった・・・。

もしかすると夏休み期間中のひらパーは、開園時間が早まるのかもしれませんね。

 

更衣室

開園してすぐに、プールまでダッシュする人がチラホラ。

我が家は、3歳児連れのためゆっくり歩いてプールまで向かいます。

 

プールへ入園すると、すぐに靴は脱ぐことになるので脱ぎやすい靴を履いていくか、ビーチサンダルを履いていきましょう。

入り口すぐ右手には、今年から新しくなった2階建ての更衣室・コインロッカー棟がありました。

コインロッカーは、400円入れて100円戻るスタイル。

「お帰りボタン」を押すまでは、何度も出し入れできるので、便利でした。

コインロッカーの奥には、男女それぞれの更衣室があります。

更衣室の中には、シャワー、パウダールーム、ベビーベッド、脱水機、ドライヤーなど設備は充実していましたよ。

2階建てなので、場所もかなり広く快適でした。

 

日陰の場所

まずは、日陰の場所取り。

ひらパーはテントやパラソルなどの持ち込みは禁止されています。

そのかわりに、休憩場所が多く設置されています。

日陰の場所は、以下の赤丸で囲んだところ。

おすすめは、一番奥のハリケーンスライダー横にある階段状になったところ(写真:右赤丸)。

ここならプールの様子も見えますし、日陰なのでゆっくり休憩できます。

 

さらに、なぎさプール近くに今年から新しく作られた休憩場所もおすすめ(写真:左赤丸)。

こちらは入り口から左奥に設置されています。

 

我が家は、入り口から真っすぐ奥にみえるウッドデッキに場所を確保(写真:中央赤丸)。

こちらもゆっくりできましたよ。

 

他に流れるプールの周りには、数多くのパラソルも設置されています。

 

日陰の場所を確保するときには、レジャーシートを必ず持っていくようにしましょう。

お昼を過ぎると、場所もギュウギュウになり日向のみになっていました。

日陰の場所を確保したい場合は、朝一番に行くことをおすすめします。

 

プール・混雑状況

ひらパーには、4つのプールと4つのスライダーがあります。

まずは、水深100cmの「ドンブラー」(流れるプール)。

このプールの真ん中には、1cm程度の水が出ていて、0歳児でも水遊びできるようになっていましたよ。

 

ドンブラーに併設されているのが「わんぱくプール」。

小学6年生までのプールで、滑り台や噴水・トンネルなど子供が喜ぶ遊具がいっぱい。

水深も50cmと浅いので、我が家はほぼこのプールで遊びました。

 

奥に行くほど深くなっていく「なぎさプール」。

さらに少し高台にある「シエスタ」。

シエスタは水深120cmと深いため、大人向けかなぁという感じでした。

 

どのプールもお昼前後になると、激込み。

流れるプールなんて、イモ洗い状態でした(笑)

ゆっくり泳げたのは、11時頃までかなぁ。

プールの写真は、お昼前後の様子です。

 

まとめ

我が家は、ひらパーのプールは今回初めて。

8月の週末ということもあって、かなり混雑していましたが、それでも十分楽しかったです。

入園料も高い分、設備はしっかりとしていて、プール内もすごく綺麗でした。

 

我が家はお弁当を持参しましたが、フードメニューもかなり充実していました。

ポテトは300円、うどんは450円~、サーティワンアイスもありましたよ。

 

一番面白かったのは、2時間に1回10分の休憩があったのですが、その際にみんなでラジオ体操をするという光景が。

子ども達は、結構真剣にやっていてホッコリしました。

 

ザ・ブーンおすすめです。

今後行く方の少しでも参考になればうれしいです。

 

ザ・ブーン詳細

期間:2017年7月8日(土)~9月3日(日)
※7月11日(火)は休園

時間:10時〜17時
※7月10日(月)〜20日(木)の平日、8月28日(月)〜9月1日(金)は16時まで

料金:

大人(中学生以上) 小人(2歳~小学生) 学プー割(学生限定)
2,300円 1,300円 1,600円
※8/5~8/20を除く

持込可能なもの:レジャーシート、浮き輪、お弁当、ビーチサンダル

ホームページ:http://www.hirakatapark.co.jp/

 

スポンサーリンク

-おでかけ
-, , ,

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.