子育てグッズ 行事

子供用甚平の作り方。110cmの型紙を使って可愛く手作りしてみたよ!

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

夏には、お祭りや花火大会などイベント事が目白押し。

そんな夏のイベントに、カワイイ甚平を手作りしてみませんか。

購入するよりも安く仕上がりますよ。

ちなみに私は、1000円弱で出来ました。

今回は、子ども用甚平の作り方を甚平とパンツに分けて紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

甚平作りに必要な材料

  • 布 1m90cm
  • 接着芯(薄手のもの) 10cm幅90cm
  • ゴム 0.7cm幅のもの1m

甚平に適した布は、綿ドビーや綿リップルなど色々ありますが、おすすめはリップル地のもの。

涼しく吸水性もいいので、おすすめです。

表面が↓の画像のようにボコボコしているのが特徴です。

 

その他にも、縫い糸やチャコペン・ミシンなど裁縫に必要なものは用意してくださいね。

縫い糸は、薄い色の布の場合、布より少し薄い色の糸。

濃い色の布の場合、布より少し濃い色を選ぶと綺麗ですよ。

 

こども甚平の型紙

手芸店やネットでも型紙は販売されていますが、自分で簡単に書き起こすことができます。

型紙は500円ほどで購入できます。

記事が長くなるので、型紙のサイズや布の裁ち方は別ページで紹介しますね。

子ども甚平 型紙のサイズ

 

↓こちらのサイトに無料の型紙もあるので、そちらを使ってみてもいいかもしれませんね。

無料型紙「でぃあこす」のページへ

 

甚平の作り方

作っている工程の写真を撮ったのですが、裏表が分かり辛かったので手書きの図で紹介します。
絵がヘタで申し訳ありません。
分かり辛い部分は、コメントいただけると助かります。

 

1.ジグザグミシンをかける

ポケットの上部以外の3辺

左右両方の身頃の脇部分

そでの袖口以外の部分

それぞれにジグザグミシンをかけましょう。

 

2.ポケットを作ってつける

ポケットの上部を2.5cm幅の三つ折りにし、直線縫いする。

仕上がり線で折り、ポケットの位置に縫い付ける。

ポケットは、左前につくように付けます。間違えないように!

ポケットの端は、三角に縫うことで丈夫になりますよ。

 

3.紐をつくる

一方の端を出来上がり線で折る。

上下の部分を出来上がり線で折る。

さらに、半分に折る。

コの字に直線縫い。一方の端は切りっぱな状態です。

 

これを4本作ります。

 

4.そでを作る

中表(内側に柄)になるように袖山で折ったら、印まで直線縫いをします。

アイロンで縫い代を開いて、そで口を0.8cm幅の三つ折りにし縫います。

 

縫い代を開くとは…

縫った部分を左右に開いて、アイロンをかけ割り開くことです。

布端の部分がもたつかず、仕上がりが綺麗になります。

 

5.背を縫う

左右の身頃を中表(内側に柄)になるように合わせて、背中央になる部分を直線縫いし、さらに2枚一緒にジグザグミシンをかけます。

縫い代を左後ろ側に倒したら、もう一度直線縫いをしましょう。

 

6.脇を縫う

肩山で折ったら、紐付け位置に紐を挟みます。(2ヶ所)

左側の紐は2枚の布の上にのせ、右側の紐は2枚の布の間に挟むので間違えないように!

 

紐を挟んだまま、そで付け位置から縫い止まりまで直線縫い。

そで付け位置は、片山から18cmのところです。

 

7.スリット・すそを縫う

脇の縫い代を開いたら、縫い止まりまでのスリット部分をコの字にミシンをかける。

左右2箇所縫いましょう。

 

すそ3か所(左右前・背中部分)を1cm幅程度で三つ折りにし、直線縫いします。

前端も同様に三つ折りにし、直線縫い。

 

8.そでを付ける

表に返したそでをそで口に入れ、身頃とそでを合わせます。

ぐるりと1周ミシンをかけたら、縫い代を身頃側に倒しておきましょう。

 

9.えりを作って付ける

えりの裏側全体に、薄手の接着芯をアイロンで貼り付けます。

中表(内側に柄)で半分に折って、さらに印線で折ります。

左右両サイドにミシンをかけたら、表に返しましょう。

 

出来上がったえりと身頃、さらにひも(2ヶ所)を合わせてミシンをかけます。

肩付近のカーブには切り込みを入れておくと仕上がりが綺麗ですよ。

 

身頃部分を挟み込むように、えりを付けたら、ぐるりとえりを縫い付けます。

 

ひもは手縫いで、まつります。

 

10.あげ山をつくる

肩の印を付けた部分を折り込み、縫い止まりまで直線縫いして完成です!

 

 

パンツの作り方

作っている工程の写真を撮ったのですが、裏表が分かり辛かったので手書きの図で紹介します。
絵がヘタで申し訳ありません。
分かり辛い部分は、コメントいただけると助かります。

 

1.ジグザグミシンをかける

前2枚、後ろ2枚ともに、上下部分以外の箇所にジグザグミシンをかけておきましょう。

 

2.脇を縫う

左前と左後ろを中表(内側に柄)に合わせて、脇部分を直線縫いします。

ゴムの通し口を残しておくことを忘れないようにしましょう。

 

同様にして、右前と右後ろを中表(内側に柄)に合わせて、脇部分を直線縫いします。

右パンツは、ゴムの通し口は必要ありません。

 

3.股下を縫う

股下部分を中表(内側に柄)に合わせて、直線縫いします。

左パンツ、右パンツともに縫いましょう。

 

4.すそを縫う

3で縫った股下部分の縫い代を開いたら、すそ部分を約1cm幅の三つ折りにしてぐるりと一周縫いましょう。

左パンツ、右パンツともに縫いましょう。

 

5.股上を縫う

左パンツ(ゴムの通し口がある方)を表に返し、右パンツの中へ入れ込みます。

中表に重なっている状態になっていればOK。

股上部分(カーブになっている部分)を合わせたら、ぐるっと縫いましょう。

 

股上の中央部分は力がかかりやすいので、重ねて2度ミシンをかけておきましょう。

股上線から左右それぞれ、5~6針ずつでOK。

 

6.ウエストを縫う

ウエスト部分を三つ折りにしましょう。

1折り目は、約1cm。

2折り目は、出来上がり線で折ります。

ゴムは2本通すためゴム幅分をあけて、ぐるりと2週縫いましょう。

 

7.ゴムを通す

1mのゴムを半分に切ったら、それぞれをウエストに通しましょう。

 

ウエスト部分を整えたら完成です!

お疲れさまでした。

 

スポンサーリンク

-子育てグッズ, 行事
-, ,

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.