妊活

初めての採卵体験記録!麻酔や痛み、採卵後の過ごし方や生理までドキドキの1日だったよ。

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

先日、体外受精の為に初めての採卵をしました。

病院からの説明やネットで調べた情報もあったけれど、なんせ初めての事だけにドキドキ。

30歳も過ぎると初めての事もドキドキすることも少なくなってきますからね・・・(笑)

麻酔ってどんな感じなんだろう、採卵後の痛みはどのくらいなのかな、お風呂や生理はいつから入れるんだろうなどなど、体験するまでに私が気になっていた事を中心にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

採卵前日まで

採卵前々日

この日は、採卵日を決める重要な内診の日。

2日前に内診してもらったとき(木曜日)には、「月曜か火曜あたりになりそうだね。土曜日にもう一度内診しましょう」とのことでした。

そして、土曜日。

モニターでは、「10個ほどあるから、極端に少ない数にはならないと思うよ。」

初めての私には、この10個というのが多いのか少ないのかもわかりません。

先生が言ったことに「はい」と答えることしかできません。

ちなみに私のAMHは2.5で、年齢(36歳)からすると平均値のようでした。

 

「ただ、右は20㎜と順調だけど、左がちょっと小さいかな。」

え・・・、それって大丈夫なんですか?

少し不安を感じた内診となったけど、後は先生を信じるしかありません。

 

そして採卵の2日前から本格的な準備が始まります。

採卵の36時間前にHCG注射をします。

私の場合は、ルクリンという注射でした。

採卵当日は10時からの採卵だったので、注射は2日前の22時に。

時間が15分以上ずれてはダメという緊張感。

9時45分からお腹を出してスタンバイ状態にしておきました(笑)

この日は、運動も控えてくださいとの事だったので、土曜ということもありまったりと過ごしました。

 

採卵前日

そして、前日の日曜日。

運動を控えること。

22時以降は、絶飲食(水もダメ)。

 

私だけかもしれませんが、前日ともなると卵が卵巣でパンパンになっているからなのか、お腹が張って苦しかったです。

便秘中のような感じです(笑)

運動なんてとてもとても。

夜ご飯は、身体に優しい和食にして早めに就寝しました。

 

採卵当日

採卵当日は、旦那様にも頑張ってもらいます。

朝の一番搾りを病院へ届けるため、採精してもらいました。

病院から渡されたカップは120㏄も入る大きなもの。

が、旦那に「よろしく」と渡されチラッと見たカップに入っていた一番搾りは1円玉くらいもあるのか?というくらいの量。

小さじ1/2もありませんでした。

前日には、亜鉛たっぷりの牡蠣も食べてもらって男性ホルモンばっちりのはずなのに・・・。

 

不安に思いながらも、カップをタオルで包んでダウンコートのポケットに入れ鮮度(?)を保ちつつ、朝一番で息子を幼稚園へ。

そして、少しでも早く病院へ届けるために、急いで病院へ向かいます。

受付で採精したものを渡し、ART室へ。

 

ART室へ入るとすぐ回復室があり、5つのベッドが並んでいました。

回復室の奥には、採卵室とトイレが。

一通りの説明を看護師さんから受け、ショーツとナプキンを渡したら着替えてベッドで順番を待ちます。

着替えて待つ間、前の人の心電計の音がピッピッと聞こえてきて、緊張を増幅させます。

 

そしていよいよ私の番。

直前にトイレを済ませ、ベッドに横になります。

静脈麻酔のための点滴針や、血圧測定器、酸素マスク、酸素濃度計などをつけられ、先生が来るのを待ちます。

この時が緊張のピークでした。

看護師さんが電話を受け、「そろそろ先生が来るので、麻酔を入れていきますね」と言われ点滴に麻酔が入れられていきました。

その後すぐ、点滴針を入れられた方の腕が少し熱くなってきたのを感じ、そこから意識はありません(笑)

 

採卵後

意識が回復したのは採卵後1時間ほどし、看護師さんが血圧を計りにきた時の事でした。

麻酔の影響か、とにかくボーっとして眠かったです。

寝ている状態だったからか、痛みは全くありませんでした。

そして、ベッドで3時間ほど休んだ後(私は寝過ぎて看護師さんに起こされました)再度トイレへ。

痛みや、尿、出血の状態を確認します。

この時、少し下腹部に違和感がありましたが、出血もほんの少しトイレットペーパーにつくくらいでした。

痛みというよりも張りや重い感じの方が近いかもしれません。

歩くのは、麻酔の影響からフワフワしていました。

 

卵の状況や受精方法を聞くために、先生と話をし抗生物質が入った薬をもらって終了しました。

私は、9個採卵でき、精子にも問題がなかったようなので、一般的な体外受精方法(顕微鏡受精ではない方法)になりました。

 

私が採卵で支払った金額は、60,470円でした。

ただ、私は採卵時に血腫が見つかってその切除&病理検査代(約5000円)も含まれています。

さらに、採卵個数によっても金額が上下するので参考までに・・・。

 

痛みはいつまで?

私の場合、痛みというか下腹部の違和感は次の日まで続きました。

ただ、座ったり寝ている時は痛みはなく、立ち上がったり歩いたりするとズンズンと響く感じでした。

無理をして出血などが長引いても嫌なので、2、3日はゴロゴロして家事をサボらせてもらいました(笑)

 

お風呂は?

採卵日当日は、シャワーのみと指示があったのでお風呂には入らず済ませました。

次の日も、まだ少し出血があったのでシャワーで。

2日後も、出血や痛みもありませんでしたが、念のためシャワーで済ませました。

私が湯船に浸かったのは、採卵から3日後です。

看護師さん曰く、出血があると菌などに感染する場合もあるため、シャワーが良いそうですよ。

 

生理はいつから?

私の場合、生理は採卵日1週間後(7日後)からスタートしました。

採卵前に「プロベラ」という排卵を止める薬を服用していたのですが、これを服用した場合は採卵後5日前後で生理がくるようです。

 

採卵日5日後から茶色ぽいおりものが出始め、7日後から始まりました。

ただ、鮮血のようなものではなく、黒茶色ぽい色でした。

個人差はあると思いますが・・・。

 

私が体験したことをザーっと書きましたが、少しでも参考になれば幸いです。

もし何か疑問点などありましたら、ページ下部にある「問い合わせ」からメールをいただけると助かります。

 

スポンサーリンク

-妊活
-, , ,

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2018 All Rights Reserved.