健康・病気

赤ちゃんはいつからヤクルトOK?下痢や便秘解消方法になる?

更新日:

こんにちは、マルミです。

ヤクルトって美味しいですよね。

息子も大好きで、機嫌が悪くてもヤクルトをあげるとご機嫌になります。

でも、ヤクルトって小さくて大人だと何本も飲めちゃうくらいですよね。

ところで、子供にヤクルトって何歳から飲ませていいのでしょうか。

糖分も高く、虫歯を気にしている方もいるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

赤ちゃんはいつからヤクルトが飲める?

ヤクルトのホームページによると、離乳食を始めている赤ちゃんなら飲んでも大丈夫と書かれています。

ですので、5・6ヶ月頃から飲んでもいいということになりますね。

ただ、飲ませる時には、ぬるま湯で約2倍に薄めたものを少量ずつ与えてましょう。

離乳食の際と同じで、便の様子を見ながら与える量を増やしていきましょう。

 

また、ホームページには以下のようなことも書かれてあります。

哺乳びんの使用は避け、スプーンなどを用いてください。これは、赤ちゃんの食機能の発達を促すことや、口腔衛生上のことを考慮してのことです。

ですので、スプーンで飲ませることも重要です。

 

注意したいのは、ヤクルトは母乳や粉ミルクの代わりにはならないということです。

ヤクルトを飲むことで、母乳や粉ミルク、ご飯が食べられなくなるということのないようにしたいですね。

 

ヤクルトは赤ちゃんの便秘や下痢解消法?

ヤクルトには乳酸菌がたっぷり含まれているのは、有名ですよね。

乳酸菌を摂取することは便秘解消に期待できるので、赤ちゃんにも効果があるのか気になりますよね。

 

ヤクルトを飲むことで、赤ちゃんの便秘解消に期待はできます。

しかし、離乳食時期の赤ちゃんの便秘原因は水分不足によるものがほとんどです。

母乳などに比べて離乳食の割合が増えてくると水分不足になりやすいのです。

ですので、ヤクルトだけに頼らず、水分をしっかり与えてあげることも大切なのです。

 

また、下痢に対しても整腸作用があるため効果は期待できます。

ただ、体質によって悪化する可能性もあるため、様子をみながら少しづつ与えるようにしましょう。

 

ヤクルトは虫歯の原因になる?

ヤクルトは少量ですが、カロリーが高く、砂糖が多く含まれています。

砂糖が多く含まれていると、虫歯の原因になるのではと気になりますよね。

 

虫歯の原因は、甘いもの、砂糖がたくさん含まれた飲み物を摂取することで起こるわけではありません。

虫歯になるか、ならないかというのは、食べ方によって決まるのです。

口の中に食べ物を入れると、口の中は酸性になり、唾液によって少しずつ中和されていきます。

しかし、口の中に食べ物が入っている状態が長く続くと、酸性の状態が続き、虫歯菌も繁殖します。

ですので、虫歯にならないためには、食事と食事の間をしっかりと取り、口の中を唾液で中和させることが必要なのです。

もちろん、ダラダラ食べることはよくないので、避けましょう。

 

ですので、ヤクルトが原因で虫歯になることはありません。

虫歯を気にしている場合は、歯磨きと同時に、食べ物などの与え方に注意しましょう。

スポンサーリンク

-健康・病気

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.