子育てグッズ

【まとめ】人気ストローマグ口コミ!漏れないおすすめランキング!

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

ストローが使えるようになってくるとお出かけ先でも使える便利なマグを購入したくなりますよね。

でも、ストローマグも色々な種類があってどれを買っていいのかわからない。

ということで、私も使用してみたストローマグも含めてストローマグ個人的おすすめランキングを紹介します。

 

スポンサーリンク

 

おすすめストローマグランキング

まずはトップ3の発表です。

1位 リッチェル アクリア
2位 Nudy スーパー・フリップイットボトル
3位 ピジョン ストローボトル

上記のメーカーでのおすすめする点は、カバンの中に入れていても漏れにくいこと。

さらにパーツが分解できて洗いやすいことなどの点です。

それぞれのおすすめポイントを1つずつ紹介したいと思います。
※★は5つで満点です。

 

リッチェル アクリアおでかけストローマグ

漏れにくさ:
洗いやすさ:
持ち運び :
内容量:270ml/390ml
重さ:79g/91g
電子レンジ・煮沸・薬液消毒・食器洗い乾燥機OK

 

良い点

  • ハンドルが取り外せる
  • ふたを開けた時にカチッと止まる
  • 改良されてより漏れにくくなった
  • ボトルがガラスのようできれい
  • 交換用ストロー、パッキンが別売りで販売されている

 

悪い点

  • 特に見当たらない

 

私は一番最初のマグに改良前のもの(ラクレ)を使っていました。

ラクレ→ラクレR→アクリアと改良され名前も変更されています。

デザインに惚れたのと口コミで漏れないという点を読んだからです。

容器がガラスのようなデザインでおしゃれで、別売りの交換用ストローもあるので衛生的。

ハンドルも取り外せるので持ち運びしやすく、ボトル部分も余計なくびれがないので通常のスポンジでも洗いやすいです。

ハンドルを外すとこんな感じです。

20161018_15

※写真はラクレのマグです

一番のポイントはふたが180℃開いてカチっとっと止まってくれるので、子どもがストローで飲んでいてもふたが邪魔になりません。

中身も本当に漏れず使っていて満足していました。

が、2014年に空気穴が改良されたようで、この改良があってから非常に漏れやすくなったという口コミ多数みられました。

20160613_08

写真は改良前(ラクレ)のものです

 

が、2016年さらに改良され、フタを開けて倒しても漏れにくく、さらにフタを開けたときに中の圧抜きができる構造になったためフタを開けた時にストローから中身が飛び出しにくくなりました。

口コミでも本当に漏れないとの声が多数見受けられました。

おすすめです。

 

 

Nuby スーパー・フリップイットボトル

漏れにくさ:
洗いやすさ:
持ち運び :
内容量:420ml
重さ:86g
食洗機・煮沸消毒:可能

 

良い点

  • 逆さにしても振り回しても水が漏れない
  • 食べ物が逆流しない
  • 持ち運びしやすい
  • 交換用ストロー、パッキンが別売りで販売されている
  • ふたがないので邪魔にならない
  • 大人も使える

 

悪い点

  • ストローの口に逆流防止弁がついているので、少し洗いずらい
  • 対象年齢が1歳から

 

長く使うにはこれが一番ベストでした。

3歳の今でもストロー部分を交換して使っています。

見た目もカラフルで色は3色(ピンク、イエロー、グリーン)ありどれもポップで可愛いです。

ハンドルがないので子供が持ちにくいのでは?と思うかもしれませんが、くびれが手にフィットするのか上手にもって飲みます。そして何よりも漏れない!

このマグの一番の特徴は食べ物が逆流しないことだと思います。

ストローを使うとよくありがちな食べ物の逆流・・・夏は特に不衛生ですよね。

しかしこのマグはストローの飲み口に逆流防止弁がついているので衛生的です。

20161018_14

ストローの口とボトルがくびれているため少し洗いずらいですが、洗浄のためにボトル用スポンジやストロー用のブラシがあれば衛生的に使用できます。

容量は2パターンあり、小さい方(240ml)はハンドルが付いています。

大きい方も購入して親子お揃いで使うのもいいかもしれませんね。

ただ残念なのが対象年齢が1歳からというところ。

逆流防止弁が付いているため吸うのにコツがいるためです。

でも息子は1歳前からですが飲めてましたよ。

 

 

 

ピジョン ストローボトル

漏れにくさ:
洗いやすさ:
持ち運び :
内容量:150ml/330ml
重さ:82g

 

良い点

  • 値段も安く、ドラッグストアなどでも販売されているため手に取りやすい
  • ハンドルをたたむ/外すことができる
  • 漏れにくい
  • コンパクト
  • 交換用ストローが別売りで販売されている

 

悪い点

  • 小さいサイズは150mlと量が少ない
  • 小さい方はボトルが洗いずらい
  • ストローが短く飲むときにふたが鼻にあたる
  • 吸う力がいる

 

ドラッグストアなどでもよく販売されているのを見かけるピジョンのストローボトル。

値段もお手頃で初めてのストローマグとして手に取りやすいのではないでしょうか。

中身は少しこぼれたりする場合もありますが、ジップロックに入れて持ち運びすれば許容範囲内です。

 

小さいサイズのハンドルはクルリと回してたたむことができてコンパクトになり持ち運びはしやすいです。

大きいサイズもハンドルは取り外しできます。

重さも82gと軽いのでお茶や水を入れても赤ちゃんでも1人で持ちやすく、カバンに入れての持ち運びも負担になりません。

本体のパーツは少なくてお手入れもしやすいのですが、本体容器の底まで手が届かないので、ボトル洗浄用のスポンジが必要だと思います。

 

私は特に気にならないのですが、ボトル自体に色がついているため残量などが確認しずらいという口コミもありました。

別売りで交換用のストローも販売されているので、長く使えますよ。

1歳を過ぎたり夏だと150mlは少ないので、同じシリーズの「ストローボトルトール」330mlで夏と冬と使い分けてもいいですね。

 

 

ピジョン マグマグストロー

漏れにくさ:
洗いやすさ:
持ち運び :
内容量:160ml
重さ:136g

 

良い点

  • パーツが分解しやすく形もシンプルで洗いやすい
  • 別売りバーツで飲み口を変えることができるので、長く使える
  • 交換用ストローが別売りで販売されている

 

悪い点

  • ふたがスライド式なので開けずらい
  • ストローが短いので飲むときに鼻が当たる
  • 持ち運びにハンドル部分がスペースを取る

 

マグマグはよく使用している人を見かけますよね。

別売りパーツがあり飲み口を交換することができるので、段階的にストローの練習ができ、低月齢から長く使えます。

2015年に改良されてから漏れにくくなったようですが、ふたがスライド式という特徴があり滑って開けずらいようです。

飲み口のストローの長さが短く(ふたがスライド式のためかな)子供が飲むときにふたに鼻が当たります。

最近ではよくあるハンドル収納ができないため、バッグなどにいれて持ち運ぶ際には少しスペースを取るのが難点

 

 

コンビ テテオ teteo

漏れにくさ:
洗いやすさ:
持ち運び :
内容量:300ml
重さ:102g

 

良い点

  • 別売りで月例に合わせた飲み口が色々販売されているので、月例に合わせて長く使える
  • ふたの開閉時にカチっというしっかりした音がなるので、閉め忘れなどがない
  • 電子レンジ、煮沸、薬液消毒OK
  • 容器が透明なので、中身がみやすい
  • 別売りのストロー・パッキンあり

 

悪い点

  • 持ち運び用についているストラップがハンドルと併用できない
  • 構造が複雑、分解も最小限で洗いにくい
  • ストローが細く食べ物が詰まりやすい

 

実は私、最初コレを購入しようと思っていました。

が、構造が複雑で分解できない部分もあり洗いずらいという点で候補から却下しました。

めんどくさがりの私には無理・・・。

持ち運び用にストラップが付属されているようなのですが、ハンドルを外した場合のみにしか使用できず、メリットを感じませんでした。

さらに口コミにはストローが他のものと比べて細く食べ物が詰まりやすいという難点も。

 

ただ、マグマグ同様、別売りで(初期セットもあり)飲み口が交換でき段階的にストローの練習ができるので長ーく使えます。

さらにデザインもおしゃれで、ふたはカチッという音とともにロック機能もあります。

電子レンジが使用できるは大きいかもしれません。

お茶を入れたまま温めなおしたり、煮沸消毒もできますよね。

 

 

ストローマグを選ぶポイント

上記では私個人的な観点でランキングをつけましたが、初めて購入する人はどういうポイントを押さえて選ぶべきなのか迷いますよね。

マグを購入するうえでのポイントも押さえておきましょう。

 

容量

どのくらいの量が必要なのか。

夏場は200ml程度だと少ないし、かといって400mlもの大きさのものだと月齢が低いと重くて自分で持てない可能性も。

自宅で使用するのみなら小さくても十分。

どういう風に使用するかで求める大きさが変わってくるので、目的に応じて選びましょう。

個人的には200mlもあれば十分だとおもいます。

 

素材

最近では魔法瓶のマグも販売されていますよね。

個人的にはそこまで・・・と思うので、プラスティック製で十分だと思います。

 

ストローの太さ・形状

ストローが細すぎると吸う力が必要になり、赤ちゃんが嫌がって飲まなかったという場合もあります。

形状や太さは様々なので、上記のおすすめを参考にしてみてくださいね。

 

ハンドルの有無

持ち運びにはハンドルが取り外せたり、たためるかなども重要なポイントです。

 

洗いやすさ

口に触れるものだからこそ清潔に保っておきたいですよね。

マグは細かいパーツなどがあるものも多く、ひどいときはカビが生えたりします。

ですので、分解ができて洗いやすいものがベストです。

 

漏れにくさ

漏れにくいという点が個人的には一番重要だと思います。

カバンの中でもれると荷物も濡らしてしまうことになったり、赤ちゃんがマグを落とすたびに中身がこぼれていては大変です。

どのマグも温かい状態・冷たい状態で入れると圧力などの差で漏れやすいです。

この事を知らずに口コミを書かれている方もいるので、口コミを見て判断するときは鵜呑みにしないように注意してくださいね。

 

番外編:セリアのストローマグ

カワイイ雑貨を取り扱っている100均「seria」。

そのセリアで販売されているストローマグが優秀と話題なんです。

20161018_16

ワンタッチで蓋が開いて、ストローが出てくる仕組みです。

しかも首からかけられる紐もついていて、容量も270mlとちょっとしたお出かけには十分の量。

デザインはミッキーとミニーや男の子にはうれしいカーズやトーマスのもの。

くまもんもあるようです。

 

ストローマグの購入を迷っている方は、まずはコレから試してみればいいかもしれませんね。

1つ使ってみれば、どういうものが良いのか・子どもに合っているのか分かりますしね。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

-子育てグッズ

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.