健康・病気

赤ちゃんが予防接種後に副反応で発熱!外出はしていい?対処方法も紹介!

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

赤ちゃんに予防接種を受けて病院から帰ってきたら、何だかグッタリしてる。

体温を測ってみると熱が!

という経験はありませんか?

予防接種を受けると乳幼児は副反応で発熱する場合があります。

発熱などが起きてしまった場合はどのように対処してあげればいいのか迷ってしまいますよね。

さらにその後や次の日に予定が入っている場合は外出していいものか・・・と悩んだりもします。

そこで今回は、赤ちゃんが予防接種後に発熱した場合の対処方法を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

予防接種後の副反応って?どんなことが起こるの?

予防接種を受けるとなぜ副反応が起こるのでしょうか。

予防接種は病気への抗体を作るために、少量のウィルスを体内へ入れるんです。

あらかじめ少量のウィルスに対して免疫をつくっておくことで、そのウィルスが体内に侵入してきたときに正しく免疫反応が働くのです。

少しとはいっても本物のウィルスを体内に入れるので、小さい赤ちゃんの体内ではウィルスに対する免疫反応が起こります。

これが副反応なんです。

体内に入ってきたウィルスに反応しているだけなので、免疫機能が正常に働いている証拠なので、心配はいりません。

 

では、副反応のにはどんな症状が出るものがあるのでしょうか。

最も多いのは発熱です。

37.5℃以上の熱がでます。

そのほかには接種箇所が赤く腫れたり、しこりができるなどがあります。

まだ話せない赤ちゃんだと、機嫌が悪くグズることもあります。

 

予防接種の副反応への対処方法

予防接種の副反応による発熱であれば2、3日もすれば熱は自然と下がるので心配はありません。

しかし、予防接種後に発熱があった場合、副反応による発熱ではなく風邪による発熱の場合もあります。

予防接種による副反応の場合は注射箇所に腫れなどの異常を伴うことが多いので、発熱した場合は注意深く観察しましょう。

 

発熱が出た場合は37℃台の場合がほとんどです。

脱水症状を起こさないためにも母乳やミルク、お茶などで水分補給をこまめにしてあげましょう。

ただ、38℃を超えるような高熱になった場合は他の病気の可能性も考えられる場合があります。

早目に予防接種を受けた病院へ連絡し速やかに受診しましょう。

 

予防接種後の熱がある場合、外出は?

熱がある場合の外出は控える方がいいでしょう。

ただどうしても避けられない予定などもあるかと思います。

その場合は人混みなどは避け、短時間で済ませるようにしましょう。

大人でも熱がある状態で長時間、外出するのはしんどいですよね。

赤ちゃんはもっとしんどいでしょう。

微量とはいえ体内のウィルスと戦っているのですから。

長時間の外出は体力をさらに奪い、さらに高熱になることも予想されます。

できれば予防接種を受ける日は自宅でゆっくり過ごせるように、前もって予定をずらしておくのがベストかもしれませんね。

 

副反応は予防接種のワクチンがしっかりと効果を発揮している証拠です。

熱が出ると心配になるかもしれませんが、冷静に対処したいですね。

 

関連記事

スポンサーリンク

-健康・病気

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.