幼稚園

防災頭巾カバーの作り方。そのままかぶれる座布団タイプ。簡単幼稚園入園グッズに。

更新日:

こんにちは、マルミ(@marumarumi_chan)です。

やっと我が家も最後の入園グッズ手作りが終了しました。

最後に作ったのは、防災頭巾カバー。

幼稚園からの指示もあり、非常事態にそのままかぶることができるタイプです。

少し雑になってしまいましたが、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

防災頭巾カバーの特徴

防災頭巾は、園指定で購入している『ひかりのくに』のものです。

防災頭巾のサイズは、横約29cm、縦約25cm、厚み約3~4cmです。

 

幼稚園からの指定としては

  1. 普段は座布団として使用
  2. 非常時に子どもでもサッとかぶれる状態にしておいて欲しい

という2点でした。

 

2点目を結構悩んじゃって・・・考えた末出した結論が、スナップで止めてしまおうってこと。

マジックテープも考えましたが、頬にあたった時にチクチクして嫌だろうなぁと思ったので。

 

作り方はミシンがあればいたって簡単です。

早速作り方を紹介しますね。

 

防災頭巾カバー作りに必要な材料

  • 布 :横78cm×縦34cm(防災頭巾に合わせて)
  • アクリルテープ :約40cm
  • スナップ :5つ

布のサイズ

布のサイズは防災頭巾のサイズに合わせて用意しましょう。

私は以下のように計算しています。

横:防災頭巾の横長さ×2+防災頭巾の厚み+16cm

縦:防災頭巾の縦長さ+防災頭巾の厚み+5cm

 

布はどんなタイプでもOK。

ただ、毎日使用するものだし丈夫なものが一番!

個人的には、薄手だと丈夫さに欠けるのでキルティング生地がおすすめです。

アクリルテープは、ゴムにしてもOK。

スナップの数は好みで調節してください。

 

防災頭巾カバーの作り方

1.端を三つ折りにして縫う

布の4辺をそれぞれ1cmずつの3つ折りにして直線縫いします。

面倒くさくてもアイロンをかけてから縫うと縫いやすいです。

 

写真のように折り目の近くを縫うと仕上がりが綺麗ですよ。

キルティング生地を使用する場合は、三つ折りにすると厚みがでて縫いずらいです。

その場合は、まず布の4辺にそれぞれジグザグミシンをかけ、ほつれ止めをします。

その後、1cmずつ折って直線縫いにするといいでしょう。

三つ折りにしない場合は、布のサイズを横76cm×縦32cmにしましょう。

 

2.袋状に縫う

布を中表(布の模様が内側になるよう)にして半分に折ります。

さらに、両端は6cmずつ折り戻しておきます。

図のような感じで布の上部は4枚重なった状態で縫います。

布の下部は6cm折り返した部分のみ2枚ずつ縫います。

 

縫い終わったら、写真のように上部のみが袋状になっていれば正解です。

分かりやすいように表に返していますが、まだ裏返したままでOKですよ。

 

3.アクリルテープを縫い付ける

まずは、アクリルテープを必要な長さにカットします。

カットした部分はほつれやすいので、ライターなどで軽くあぶっておきます。

こんな感じになります。

 

カバーの上部にマチを作ってアクリルテープを縫い付けていきます。

カバー上部の角(写真の赤丸部分)を開いて三角にします。

その内側に、写真のような感じでアクリルテープを角に入れ込みます。

写真のように布の上に置いてはダメですよ!布の中に入れて縫います。

 

縫えたら布を表に返してみましょう。

こんな感じになっていたら成功です。

 

さらに、もう片方は内側に直接縫い付けましょう。

 

4.スナップを縫い付ける

最後にスナップをお好みの箇所に縫い付けましょう。

私は、下部にのみ5つ縫い付けました。

縫い付け終わったら完成です!

お疲れ様でした。

 

私が今回使用した生地はこちら↓楽天市場で購入しました。

 

スポンサーリンク

-幼稚園
-, ,

PICK UP記事と広告


Copyright© これしり , 2017 All Rights Reserved.